[ 歴史 ]

徳島市は、四国三郎の異名を持つ吉野川の河口部に形成されたデルタ地帯に発達した都市です。地勢上、東は瀬戸内海・紀伊水道に面し、古くから水運が発達していたことは、15世紀半ばの史料である『兵庫北関入船納帳』(ひょうごきたぜきいりふねのちょう)からも知ることができます。それによると、当時阿波国(現在の徳島県)は、葉藍や塩などの農水産物のほか、材木・檜(ひのき)・榑(くれ‐板材)等の林産物が大量に積み出され、すでに木材や木材加工品の産地であったことがうかがえます。
徳島市が家具産地として発達してきた背景には、こうした林産物が豊富な地域であったことや、江戸時代、城下町で栄えたことがあげられます。
天正13年(1585)、阿波に入国した蜂須賀家政公は、当初の拠点である一宮城(現在の徳島市入田町)から、水運の便がよく、自然の地形が活かせる新町川河口部の城山(現在の徳島市城山)に平山城を築き、「徳島城」と名付けました。徳島城を中心に、武家屋敷や商人、職人を住まわせた町(八百屋町、大工町、紺屋町、鍛冶屋町など)を整備し、城下町が誕生しました。そして、徳島城下の東端(現在の渭東地区)に、藩経営にとって重要な水軍基地(安宅役所/あたけやくしょ)に置き、そこに約200人の船大工を住まわせ、軍船の造船や修理にあたらせたといわれます。船大工たちは、内職として船の残材を使ってもろぶた、炭箱、ちり取りなどの生活用品を作り始めますが、これが徳島の木工業の起源と言われています。
明治4年、廃藩によって船大工等は職を離れましたが、そのいくらかは、自らが持つ高度な技術を活かして、安宅物といわれる日用雑貨やタンス・針箱・雨戸や障子等の建具・桐下駄などの製作を本業とするようになりました。
その後、鏡台を中心とした家具、仏壇、建具と様々な木工製品へと展開していきます。

(家具)

明治18年頃に安宅町を中心に鏡台の製造を始め、木地のままで大阪の問屋筋に販売し、塗りと鏡は大阪で仕上げて大阪鏡台として販売されていました。明治43年になって完成品まで仕上げ、直売することによって「阿波鏡台」としての地盤が確立しました。それ以来、鏡台の生産は拡大を続け、高度経済成長期に大きく販売を伸ばし、木工産地徳島の主要製品となりました。
鏡台を中心に、婚礼セットの家具としてタンス、応接セットのソファやテーブル、座卓や衝立等の銘木家具、床材、床柱など、和家具から洋家具まで様々な種類の家具の製造も伸びていきました。

(仏壇)

徳島の仏壇は、明治中期に県産の椎・樫・桑・栗などで仏壇の厨子を作って大阪へ送ったものが始まりであるといわれています。
大正時代に入り、徳島の職人が大阪で唐木仏壇や唐木細工の技術を学びました。技術を習得した職人たちが徳島に戻り、唐木を使った仏壇の製造を始めます。昭和12~13年頃には、現在のような唐木仏壇が作られるようになりました。そして、戦後の需要の増大によって大きく販売を伸ばし、徳島は唐木仏壇の一大産地として発展しました。昭和40年ごろから現在に至るまで、唐木仏壇の出荷額は日本一を誇っています。
唐木仏壇は金仏壇と違って金箔などの豪華な装飾があまりなく、その代わりに木目の美しさが生かされているのが特徴です。黒檀・紫檀・鉄刀木(たがやさん)などの唐木のほか屋久杉・桑・欅・桜などの素材も使われます。
現在では、唐木にこだわらずシンプルでモダンなデザインの新しい仏壇「家具調仏壇」の製造も広がっています。リビングに置いても違和感が無く、インテリアに調和した家具の様な仏壇で、ここ最近人気が出てきています。伝統を守りつつも新しいことを取り入れながら、日本有数の仏壇の産地として発展を続けています。

(建具)

建具の歴史は、明治中期に木頭から供給されるもみ、つがを材料とした格子類の製造に端を発し、大正以降は杉を材料とする雨戸が主な生産物となり、戦後には復興の住宅需要を支え、雨戸の年産が35万枚に達しました。
徳島市の渭東地区が県内、那賀郡中島地区は県外市場向けの注文品を主に扱い、両地区は並行して発達してきました。

[ 課題と展望 ]

多様な木工製品の一大産地として発展し、平成2年には県内の家具・装備品の出荷額1158億円となりました。しかしその後は、婚礼家具の衰退、生活様式の変化による家具需要の減少、廉価な海外製品の市場への流入等の様々な要因により、出荷額は年々減少を続けています。
現在の徳島産地では、主力製品だった鏡台やタンスのから、住宅や商業施設、公共施設等の建築に付随するコントラクト家具へとシフトしています。また、座卓や床材のメーカーは一枚板テーブルや無垢の家具へ、鏡台の椅子メーカーは脚物家具メーカーへと業態を変えたり、仏壇メーカーはインテリアにも調和するシンプルなデザインの仏壇を製造したり、それぞれの技術を活かして現代の市場ニーズに合わせた製品を作り、販売を伸ばしています。