協会マーク 公益財団法人徳島市地場産業振興協会 770-0868徳島県徳島市福島1-8-22
TEL:088-626-2453/FAX:088-626-2473
Email:info@jibasan.org

木工会館外観
トップページへ
木工会館貸館ページへ
イベント・セミナーページへ
地場産品紹介ページへ
協会事業報告ページへ
リンクへ
 イベント・セミナーのご案内

 問い合わせは公益財団法人徳島市地場産業振興協会電話626−2453まで

2017年イベント情報

イベント・セミナー 内       容
温かな
パワーを感じて〜

笑顔の神さま
「えびす・大黒」展


温かなパワーを感じて〜
笑顔の神さま「えびす・大黒展」

釣竿と鯛を持ち、微笑み顔のえびす様。打出の小槌に大きな袋を担ぐ大黒様。この二神は、日本の代表的な福の神です。
この展示会では、江戸時代から明治期にかけて作られた御神像を紹介します。笑顔の表情や手に持つ鯛、烏帽子や袋など細部の違いなどをじっくり御鑑賞いただければと思います。古色を帯びて黒光りする姿とともに、ノミ跡が残る表情の豊かさを見て取ることができるものと思います。そのほか、七福神も登場する宝船の刷り物、商店や商品の広告として配られた色鮮やかな引札など、庶民が繁栄を願った吉祥の意匠も御紹介します。


と き 平成29年3月7日(火)〜3月20日(月)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

展示品
(1)江戸時代から明治時代の御神像(木彫りのえびす・大黒)  20点
(2)江戸・明治・大正時代のえびす・大黒の護符や刷り物、引札  10点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






女の装い、
江戸の華〜

浮世絵にみる
日本の美人画展


女の装い、江戸の華〜
浮世絵にみる日本の美人画展

17世紀に江戸で生まれ明治の中頃まで作られた浮世絵は、美人画から始まったといっても過言ではありません。初期はもっぱら遊女の姿を描いたものが多かったが、時代が進むに連れて茶屋の看板娘や下町の女性なども描かれるようになった。江戸の人々は、人気美人女優のポスターを買う感覚で美人絵を購入していました。
この企画展は、県内の浮世絵蒐集家(一人)のコレクションの中から、美人画と役者絵にスポットを当て紹介するものです。江戸の人々が憧れた華麗かつ、粋で妖艶な浮世絵美人画の魅力に触れていただければと思います。


と き 平成29年2月22日(水)〜3月12日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
浮世絵版画(江戸後期から明治)浮世絵師 歌川豊国、豊原国周、楊州周延、歌川国貞、一恵斎芳幾、歌川芳虎、歌川芳員、一勇斎国芳、一陽斎豊国、五渡亭国貞、歌川広重、一寿斎国貞の木版画
                                    約50点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






春の模様替えと
新生活を応援〜

春の木工まつり
inFURNIX


春の模様替えと新生活を応援〜
春の木工まつりinFURNIX

当協会は、冨士ファニチア鰍ニ連携し、春の木工まつりを開催します。
この展示会では、お部屋の中にちょっとしたアクセントを加えるだけでも気分が一新できるような、プチリニューアルの方法を御紹介します。
次に、新しいステージ「飛躍の春」は、お部屋の中にも春と一緒に、新しい風を入れてみてはいかがでしょうか。さわやかな春の雰囲気にぴったりのインテリアを御紹介します。
また、県民の皆様に徳島家具に親しんでいただくため、恒例の家具の出血サービスの「お買い得コーナー」(市価の半額以下)を設置することにしています。


と き 平成29年3月3日(金)〜3月7日(火)午前9時半〜午後7時
ところ 冨士ファニチア徳島ショールーム・FURNIX
     (板野郡松茂町笹木野)

展示品
プチリニューアルの御提案
 お部屋の図面と家具の配置図をお持ちいただければ、コーディネーターが、春らしいお部屋づくりを提案させていただきます。
パステルカラーの家具
 リビング・ダイニングセットを数多く展示するほか、御家庭のソファや椅子の張り地をナチュラルカラーに交換させていただきます。
お買い得の商品
 ソファ、ダイニング・リビングセット、パーソナルチェア、レリーフ、靴べら、手鏡、鍋敷き、積木、かんざし、スプーン、玩具、ストラップ、アクセサリー、藍染製品、布小物など
                                 約1,000点 

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






ネットショップで
人気のある
作品展


ネットショップで人気のある作品展

徳島市地場産業振興協会では、徳島で製造された木工・藍染しじら織製品を販売するネットショップを平成21年12月より運営しています。ネットショップでの売れ筋商品は、木工関連では卓上鏡、タブレットスタンド、ミニスピーカー、コースター、鍋敷き等のインテリア雑貨が中心で、藍染しじら織関連では甚平、ステテコ、ストール、風呂敷、日傘、扇子等のファッション製品が中心となっています。
このたび木工会館では、ネットショップの人気商品200点を展示販売いたします。これらの商品はネット販売限定のため、通常は店頭には並びませんので、ぜひこの機会にご覧ください。


と き 平成29年2月15日(水)〜3月5日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
「・木工製品…パーソナルチェア、卓上三面鏡、靴べら、タブレットスタンド、ミニスピーカー、鍋敷き、コースター、弁当箱、ティッシュケース、箸置き等
・藍染しじら織…甚平、ステテコ、ストール、日傘、扇子、ジーンズ、風呂敷、腹巻、スリッパ等
                                  合計200点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






藍染・阿波しじらの

雛人形
(ひなにんぎょう)
飾り展


藍染・阿波しじらの
雛人形(ひなにんぎょう)飾り展

当協会では、木工会館の来館者に、日々の生活に少しでもうるおいを感じていただければという考えのもと、日本の伝統行事である「雛祭り」を行うことにしました。県産杉の間伐材で作った人形に、藍染や阿波しじらの着物を着せたお内裏(だいり)様とお雛様を飾ります。顔の部分は取り外しができる構造で、来館されたお子様が、自由に「お内裏様・お雛様」に変身できるようなっています。また、飾り段に並べられるお雛道具は、県内の人形コレクターから、飾るのに手がツルほど小さい、年代物のミニチュアの小物をお借りし展示するほか、藍染と阿波しじらで、徳島らしい置物を作り飾り付けをすることにしています。


と き 平成29年2月10日(金)〜3月3日(金)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

イベント
「お雛様に変身!」
 @ と き 2月10日(金)午前10時〜
 A内 容 近くの阿波国慈恵院保育園の園児(5才児23人)を招き、園児の「お雛様に変身!」イベントを行う。一般の参加もOKです。

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






楽しいひな祭り〜

クラフト作家の
徳島で生まれた
おひな祭り展


楽しいひな祭り〜
クラフト作家の徳島で生まれたおひな祭り展

陶芸・布細工・木工・藍染など、様々な手法を身に付けた作家たちによる、一足早い創作ひな人形展を開催します。マンション住まいが増えるなど人々の生活様式が変わり、最近では、段飾りのひな人形があまり見られなくなりました。この展示会では、小さなスペースでも手軽に飾れるひな人形を、優れた技術を持つアーティストの創作で楽しんでもらおうと企画しました。
 展示される作品は、高度な木工技術を駆使した寄木細工のおひな様、ちょっと面白い遊山箱を活用した収納式三段飾り、干支(酉)のおひな様、手のひらサイズのケースに収納された、粘土に和紙の着物を着せた三段飾り、おひな様のタペストリー、藍型染めのおひな様(額入り)、陶器(大谷焼)と木・藍染の合作によるひな飾り、木彫り作家が制作した、省スペース向きの上品な五段飾りのひな人形などがあります。


と き 平成29年1月19日(木)〜3月3日(金)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
@木製:寄木細工のおひな様、遊山箱の三段飾り、干支(酉)のおひな様、五段飾りのひな人形などA藍染:おひな様のタペストリー藍型染めのおひな様(額入り)など、B古布・現代布:吊るし飾り、パッチワークのひな人形タペストリー、フェルト製のひな人形などC陶器:段飾りひな人形、変わりびな、立ちびな、額入りびななど約500点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






徳島伝統の
遊山箱を
たくさん
揃えています

新作遊山箱展


徳島伝統の遊山箱をたくさん揃えています
新作遊山箱展

かつて徳島の子どもたちは、節句の時期になると遊山箱に食べ物を入れて、野山に遊びに出かける風習があり、昭和40年代前半ごろまで続いていました。その後は姿を消した遊山箱ですが、徳島市立木工会館で、平成18年6月から遊山箱の常設展示をはじめると、人気が復活しました。
一年の中で、最も遊山箱への関心が高まるこの時期に合わせて、木工会館で「新作遊山箱展」を開催いたします。
徳島独自の遊山箱文化に触れていただき、徳島の地場産業である木工業への理解と関心を深めていただければ幸甚です。


と き 平成29年1月11日(水)〜3月3日(金) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
遊山箱 約70点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






AWAプロレスの
立ち上げを目指す〜

お宝
プロレスグッズ展


AWAプロレスの立ち上げを目指す〜
お宝プロレスグッズ展

2月19日は「プロレスの日」です。
フライングキッド市原さんは、徳島出身のプロレスラー第一号です。現在、プロレスを中心メニューにスポーツ振興、青少年健全育成などのボランティア活動を行っている。市原さんは、プロレスを通して地域の活性化を図るため「AWAプロレス」の立ち上げを目指しています。 
このたび、市原さんらが、プロレス団体設立に向けての広報活動として「プロレスの日」にちなみ「お宝プロレスグッズ展」を、徳島市立木工会館で開くことになったものです。


と き 平成29年2月8日(水)〜2月19日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
・覆面レスラーのマスク(昭和から平成にかけて活躍したタイガーマスクなど)30点
・フィギア(同じくアントニオ猪木、ジャイアント馬場など)50点
・ポスター(同じく記念試合)、サイン(同じく初代タイガーマスクなど)50点・雑誌及びレスラーのTシャツなど
                               合計 約200点

イベント
 (1)児童を迎えてトーク及び健康体操
   @と き 2月8日(水)午前10時〜
   A児童 渭東保育所(徳島市福島2丁目)5才児26人
 (2)展示品の説明及びマスクを被って記念撮影
   @と き 2月12日(日)午前10時〜午後3時

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







出雲大社
推薦の神棚

大社造
(たいしゃづくり)
の社(やしろ)展


出雲大社推薦の神棚
大社造(たいしゃづくり)の社(やしろ)展

銘木製造販売の潟Lタウチ(代表取締役 北内啓夫)は、昨年12月に大社造の神棚を制作しました。早速、完成した大社造の神棚を持って出雲大社を訪れ、宮司ほか数人の神職で構成する審査会に臨みました。審査の結果「この神棚は、出雲大社の社が皆様に伝わるので誠に喜ばしい。ホームページに掲載するので、パンフレットができたら送って欲しい」と、お墨付きを得ることができました。
 当協会では、これを記念して、この朗報を紹介する展示会を開催することにしました。


と き 平成29年2月1日(水)〜2月19日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
「大社造の社」の神棚

神棚の仕様
屋久杉製 幅30cm 高さ36cm 奥行35cm

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




県産材に
関心を持って

県産材を使った
木製品展


県産材に関心を持って
県産材を使った木製品展

徳島県は、全面積の8割を山地が占めており、その中でも杉、ひのきを主とした森林が多く、木材の有効利用が求められています。主に建築用の材料として使われますが、県内の木工業者や工芸作家は様々な作品づくりの素材として使っています。
今回の企画展では、積み木やパズル等の玩具、子供用の椅子や机、拭き漆で仕上げたテーブルや椅子、タンス等の家具、すし桶、靴べら、ごみ箱等のインテリア小物など約200点を展示いたします。また、今回は神山産、三好産、木頭産、上勝産など、木の産地ごとに分けて展示を行います。
徳島県産の木材を活かした地場産業の取り組みを県内の皆様にもご覧いただき、理解と関心を深めていただければ幸甚です。


と き 平成29年1月25日(水)〜2月13日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
積み木、パズル、子供用家具、弁当箱、すし桶、靴べら、小物入れ、飾り棚、拭き漆仕上げの家具等 
                                合計200点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






節分イベント

節分イベント

2月3日は節分です。節分には、家族で豆まきをしたり、神社やお寺の節分祭に出掛けたり、最近では、恵方(2017年の恵方は北北西)を向いて太巻きを食べる慣習を取り入れる人も増えてきたようです。
 当協会では木工会館の来館者に、日々の生活に少しでもうるおいを感じていただければという考えのもと、季節ごとの日本の伝統行事などに力を入れております。この度、春を告げる節分に当たって、次のとおり節分イベントを準備いたしました。


と き 平成29年1月30日(月)、2月3日(金)
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
染壁掛け(鬼とお福)の大きさ 1メートル20センチ四方

イベント
1.もとしろ認定こども園園児による豆まき
  1月30日(月)午前10時〜

2.「豆まきコーナー」設置による一般来館者の「豆まきの体験」
  と  き 2月3日(金)午前9時〜5時
  参加費 無料

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





動物に
関心を持って〜

宮本林二の
自然素材の
動物作品展


動物に関心を持って〜
宮本林二の自然素材の動物作品展

宮本林二さんは、自然素材(どんぐりの帽子、ノグルミ、松ぼっくり、ナンキンハゼなど)を使って主に動物の置物を作り始めました。レッサーパンダ、北極熊など、動物園に新しい動物が展示されるたびに新商品を作り続け、ミニチアですが、徳島動物園に展示している動物はほとんど作りました。また、世界中には、様々な種類の動物が生息していることを知って欲しいとの思いから、サイは3品種、象は4品種作る力の入れようです。
そうして、子どもたちに、ものづくりを通して、創造することの楽しさや動物を観察する能力を高めて欲しいと、展示会開催に協力することになりました。


と き 平成29年1月17日(火)〜2月5日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

展示品
サイ、象、キリン、レッサーパンダ、ワオキツネザル、オオアリクイ、トナカイ、ヘラジカなど 約30種類 150点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






私のわがまま
ラグビー観戦記〜

兼松好恵
ラグビーコレクション展


私のわがままラグビー観戦記〜
兼松好恵ラグビーコレクション展

 兼松好恵とラグビーとの最初の出会いは『四国ラグビー発祥の地』脇町高校在学中。31年前、当時、大学のスーパースターと呼ばれていた今泉 清選手、吉田義人選手の早・明戦(1987年)をテレビで観て、ラグビーに夢中になりました。その後(22年前)、秩父宮ラグビー場で、サントリー・伊勢丹の試合を生観戦し、両選手を間近に応援することができラグビーの虜になっていく。
2019年ワールドカップ日本開催に向けて、一人でも多くの人にラグビーの魅力を伝えたくコレクション展を開くことになった。


と き 平成29年1月12日(木)〜1月29日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
(1)雑誌、書物 ラグビーマガジン(1995年〜現在)、ラグビーワールド(1995年〜2000年)、NUMBER、選手名簿など
(2)応援グッズ(旗、タオル、パンフレット、うちわなど)サントリー、伊勢丹、キャノン、早稲田大学、明治大学など
(3)フアンクラブ会報誌
(4)ラグビージャージ 選手着用着など(サイン入りもあり)
(5)選手との写真など
(6)サイン色紙、サインボールなど 約300点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






東京の見本市へ
出展した
藍染製品を
展示します

新春地場産業展


東京の見本市へ出展した藍染製品を展示します
新春地場産業展

昨年11月に東京で開催された見本市「ファッションワールド東京」、「ジャパンクリエーション2017」に出展した6社が製作した藍染関連製品を展示いたします。
シャツやワンピース、ストール等のアパレル製品、阿波しじら織や藍染デニムの生地、藍染シェルやコットンパールを使ったアクセサリー等、各社の特長を生かして作られた様々な新製品を展示いたします。
徳島の地場産業の販路開拓の取り組みを県内の皆様にもご覧いただき、理解と関心を深めていただければ幸甚です。


と き 平成29年1月6日(金)〜1月22日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
しじら織生地、藍染デニム、ブラウス、ストール、Tシャツ、バッグ、チュニック、ワンピース、スカーフ、パンツ等、藍染シェルパーツを使ったネックレス、藍染コットンパールを使ったネックレス、ピアス等

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






年末・年始は、
福を探しに
木工会館へ〜

縁起の良い
「大漁船展」


年末・年始は、福を探しに木工会館へ〜
縁起の良い「大漁船展」

年末になって、濱口茂子さんから、漁船模型を御寄贈いただきました。昭和30年代〜40年代に津田でエビやハモ、シラサなどを獲っていた底引き網船の模型です。今ではもう見ることができない懐かしい木造船で、当時の船を忠実に再現し、縁起の良い「大漁船」と命名されています。
年末・年始には、御利益を求めて寺社参りをする方が多いと思われます。日本の高度経済成長期に徳島で活躍していた縁起の良い「大漁船」を多くの人に観ていただき、福を呼び込んででいただければと思います。また、この機会に、地場産業の徳島木工業のルーツである船大工の高度な造船技術を偲んでいただければ幸甚です。


と き 平成28年12月22日(木)〜平成29年1月15日(日)
                      午前9時から午後5時まで
    (但し、12月29日〜1月3日までは休館)
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
底引き網船(昭和30〜40年代) 
 全長約200p×幅約50p×高さ約120p


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




木工会館
新春イベント


木工会館新春イベント

当協会では次のとおり、徳島市立木工会館で、時期物の新春イベントを計画しております。


と き 平成28年12月22日(木)〜平成29年1月15日(日)
                      午前9時から午後5時まで
    (但し、12月29日〜1月3日までは休館)
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
イベント
1 鏡開き&ぜんざいに舌づつみ
 @と き・・平成29年1月4日(水)午前10時〜
 A内容・・お供えしてあった鏡もちを、手や木槌で割る正月行事で、旧年の無事を神様に感謝しながら、神様に供えた鏡もちを、お下がりとしていただく儀式。1月11日が「鏡開き」の日ですが、仕事始めの4日に、近くの「さくら保育園」の園児(5才児23人)を迎え、園児と一緒に行います(来館者の参加もOKです)。鏡もちはぜんざいにして、園児や来館者ら(100人分御用意しています)に食べていただきます(木工会館・展示場入口で行います)。

2 福袋の販売
 @と き・・平成29年1月4日(水)〜1月9日(月)午前9時〜午後5時
 A内容・・手鏡・干支のセット・アクセサリー等の木工製品や、ストール・Tシャツ・ランチョンマット等の藍染製品を、千円・2千円・3千円・5千円・1万円の5種類の福袋に詰め込み売り出します。市価の半額以下の超割安品を御用意しています。

3 園児の春の七草ゼミナール
 @と き・・平成29年1月6日(金)午前10時〜 
 A内容・・春の七草を染め抜いた藍染壁掛け(1m×1,3m)を展示し、これを見ながら、同じく「さくら保育園」の園児が来館者と一緒に、春の七草について楽しく学ぶ。

4 春の七草プレゼント
 @と き・・平成29年1月6日(金)七草ゼミナール終了後、福袋購入者など50人にプレゼントします。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







もうすぐお正月〜

縁起物と
昔の正月遊び展


もうすぐお正月〜
縁起物と昔の正月遊び展

縁起物の正月飾りや昔の正月玩具を一堂に集めた展示会を、開催します。日本の風土で育まれてきた様々な調度品などに触れ、迎春の雰囲気を肌で感じていただければと思います。


と き 平成28年12月14日(水)〜平成29年1月9日(月)
                      午前9時から午後5時まで
    (但し、12月29日〜1月3日までは休館)
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
@縁起物・・阿波木偶(でこ)・三番叟(さんばそう)、絵馬、七福神の鉢、猫文様の皿、恵比寿・大黒、福助、お多福、ビリケン、お正月の引札など 約25点
A正月用玩具・・羽子板、かるた、面子、トランプ、双六(すごろく)、凧、独楽、ヤジロベー、おはじきなど 約20点

オープニング行事
12月14日午前10時から、福島幼稚園の園児を招き、独楽、お手玉、福笑いの昔の正月遊びを体験していただきます。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料