協会マーク 公益財団法人徳島市地場産業振興協会 770-0868徳島県徳島市福島1-8-22
TEL:088-626-2453/FAX:088-626-2473
Email:info@jibasan.org

木工会館外観
トップページへ
木工会館貸館ページへ
イベント・セミナーページへ
地場産品紹介ページへ
協会事業報告ページへ
リンクへ
 イベント・セミナーのご案内

 問い合わせは公益財団法人徳島市地場産業振興協会電話626−2453まで

2016年イベント情報

イベント・セミナー 内       容
三舟哲治の

「三好・美馬・麻植
地域商店」の
懐かしの引札展


三舟哲治の
「三好・美馬・麻植地域商店」の懐かしの引札展

三舟哲治さん(阿波の引札研究保存会代表)は、平成28年11月11日に「阿波の引札<三好・美馬・麻植地域編>」を発行しました。三好市井川町生まれで池田高校を卒業した三舟さんにとって、友人・知人が多く、買い物によく出掛けた三好などの県西部地域の商店の引札を紹介することは、長年の夢でした。
当協会では、平成28年を締めくくる歳末イベントとして、三舟さんに、阿波の引札出版記念として、本に掲載されている引札の展示会の開催方をお願いしましたところ、快く御承諾いただきました。
このたび展示される引札は、三好・美馬・麻植地域の商店(履物・呉服・木材・酒・八百物・小間物・化粧品・お菓子・料理・米穀・醤油味噌・肥料・荒物・煙草・銘茶・薬・貸本・旅館など)です。


と き 平成28年12月9日(金)〜12月28日(水)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
三好・美馬・麻植地域の商店の引札 約80点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






暮れの準備・
徳島で生まれた〜

クリスマス・
年末ギフト

歳の大市


暮れの準備・徳島で生まれた〜
クリスマス・年末ギフト&歳の大市

当協会では、今年のクリスマス・年末ギフトは、貴方の大切な人の喜ぶ顔が見られる「サプライズなプレゼント」をコンセプトに、市場には無い、作家の自由な発想によるユニークな提案商品や、洗練されたデザインと木工技術を活かした売れ筋商品を沢山準備しています。
また、新年を迎えるに当って、今のライフスタイルに合わせ「使いやすいモダンなお正月グッズ」をコンセプトに、各出品者が得意分野を活かし、自信を持ってお勧めできる正月用品を御提案いたします。  


と き 平成28年12月7日(水)〜12月28日(水)午前9時〜午後5時 
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
(1)クリスマス 木製玩具(積み木、車など)、ミニツリー、リース、キャンドルスタンド、小物入れなど
(2)年末ギフト&歳の大市 神棚、もろぶた、まな板、すし桶、干支の置物、竹細工のおもちゃ、羽子板飾り、コマ、海産物(干物、昆布、わかめ等)、ポン酢、つくだ煮、干しシイタケ、味噌、醤油、菓子など
                                 約400点 

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







ユニークな
干支(えと)の
引継ぎ式


ユニークな干支(えと)の引継ぎ式

この度、木工会館ボランティア(地場産業応援団)の御尽力により、来年の干支・酉(とり)を染め抜いた藍染壁掛けが出来あがりました。これは、藍染壁掛けを用いて、動物園等で行われている迎春行事の「干支の引継ぎ式」を、今年も木工会館で行うよう制作されたものです。
 これを受け、当協会では、次のとおり「干支の引継ぎ式」を行います。


と き 平成28年12月5日(月)午前10時〜
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
藍染壁掛け  申(さる)と来年の干支・酉(とり)を染め抜いたもの各1枚(サイズは、幅95cm 長さ120cm)

立会人
わかば認定こども園の園児(5才児)18人と、この藍染壁掛けを制作した地場産業応援団員

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




神山産・木材の
需要開拓を
目指して〜

面白い
「自然木家具展」


神山産・木材の需要開拓を目指して〜
面白い「自然木家具展」

矢内敏弘さんは、木材の需要開拓を図るため、色々と思案していました。
船越敏之さんは、10年前から木工作家として置物や木彫り、アクセサリーなどの木工小物を製作するようになりました。知人の紹介で矢内さんの工場を訪れた船越さんは、所狭しと保管されている神山産の良質な木材に驚きました。消費者や木工職人にも豊富な神山の森林資源を知って欲しい。また、それが木材の需要開拓につながればとの思いから、このたび矢内さんの協力のもと、自然木家具(天然の木「無垢」を極力加工しない状態で作る家具)を完成させました。神山にある木の、在るがままの形をそのまま生かした家具に仕上がっています。


と き 平成28年12月6日(火)〜12月25日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
ケヤキ製のテーブル2点
   (小さい方 長さ1m10cm高さ65cm、
    大きい方 長さ1m30cm高さ70cm)、
ふくろうの郵便ポスト、ふくろうの置物、帆船、こね鉢など 約10点 

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





一足早い
楽しい
クリスマス会


一足早い
楽しいクリスマス会

当協会では、一足早いクリスマス会を開催します。県産スギの間伐材で作った大小4台のクリスマスツリーに、お子さんたちに、ツリー用のオーナメントや電飾等の楽しい飾り付けをしてもらうものです。子どもさんたちの飾り付けをサポートするため、一足早くサンタクロースも応援に駆けつけることになりました。そして、無事、飾り付けが終わった後には、参加者全員に、サンタさんから素敵なプレゼントがあります。


と き 平成28年11月7日(月)午前10時〜
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
招待者 さくら保育園の園児(4才児)24人
一般参加者
 親子15組又は30人まで。当日、先着順とさせていただきます。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






浮世絵版画にみる

忠臣蔵の世界展


浮世絵版画にみる
忠臣蔵の世界展

この企画展では、赤穂浪士が討ち入りをした12月14日に合せて、浮世絵という版画に描かれた忠臣蔵の世界について紹介したいと考えています。江戸後期から明治までの人気絵師たちによって描かれた「忠臣蔵」の世界から、江戸っ子たちの楽しみや、忠臣蔵の世界を感じていただければ幸いです。


と き 平成28年11月30日(水)〜12月18日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
@江戸から明治までの忠臣蔵浮世絵版画23点
A忠臣義士銘々伝・浮世絵木版和本1点
B楊斎延一・忠臣蔵浮世絵木版和本1点
C忠臣蔵双六1点
D国芳・忠臣蔵ポストカード30点
E大正・昭和前期の忠臣蔵石版画11点、赤穂浪士人形3点、忠臣蔵盃10点、忠臣蔵書籍9点など

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






映画の日記念〜

元映画看板絵師の
懐かしの
映画看板展


映画の日記念〜
元映画看板絵師の懐かしの映画看板展

12月1日は「映画の日」です。当協会では「映画の日」にちなんで、元映画看板絵師の「懐かしの映画看板展」を開催することにしました。日本映画の黄金期と呼ばれた昭和20〜30年代には、多くの映画を紹介した手描き看板が製作されています。
 このたび展示する看板は、元映画看板絵師の湯浅利一(りいち)さん(75才・徳島市北沖洲3丁目・会社員)が、映画看板の歴史を後世に伝えたいとの思いから描いたもので、映画館のものとは、一回り小さいサイズとなっています。


と き 平成28年11月22日(火)〜12月11日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
@映画の看板・・風と共に去りぬ(1939年)、狐の呉れた赤ん坊(1945年)、カサブランカ(1946年)、小判鮫(1948年)、右門捕物帖・片眼狼(1951年)、銭形平次捕物控・地獄の門(1952年)、三日月童子(1954年)、七人の侍(1954年)、エデンの東(1955年)、用心棒(1961年)、眠狂四郎無頼控魔性の肌(1967年)、トム・ホーン(1980年)、男はつらいよ寅次郎の休日(1990年)、ターミネーター2(1991年)・・14点 
A映画ポスター(スピードポスター)・・約30点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






一足早い
正月遊びや
玩具作りに
挑戦〜

歳末・木工まつり


一足早い正月遊びや玩具作りに挑戦〜
歳末・木工まつり

今回の木工まつりでは、インテリアアドバイザーがお部屋の模様替えなど、心機一転、快適な生活空間の御提案をさせていただきます。また、こども園児を招き、一足早い正月遊びや玩具作りに挑戦していただきます。
次に、徳島家具に親しんでいただくため、家具の出血サービスの「お買い得コーナー」を設置します。市価の半額以下のお値打ち品を数多く集め展示することにしております。


と き 平成28年12月1日(木)〜12月4日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール

≪家具お買い得コーナー≫
ダイニングセット、リビングセット、ソファ、パーソナルチェア、テーブル、椅子、飾り棚、壁飾り、卓上三面鏡、チェスト、コタツ、遊山箱、独楽、玩具、おひつ、アクセサリーなど 約1,000点

≪イベント≫
※正月遊び&玩具作りに挑戦
 @と き 12月1日(木)10時〜11時
 A内 容 羽根突き・独楽まわし・竹馬遊び・福笑いと、羽子板作り及び、来年の干支・酉(とり)の置物の絵付け体験
 B招待者 もとしろ認定こども園の5才児16人

※インテリアアドバイザー相談日 12月1日(木)・3日(土)

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






大阪で開催された
見本市に
出品した商品を
展示

LIVING&DESIGN
in木工会館


大阪で開催された見本市に出品した商品を展示
LIVING&DESIGN in木工会館

徳島市地場産業振興協会では、地場産業製品の販路開拓を目的に、「地場産品新展開チャレンジ事業」を実施しており、10月12日〜14日の3日間、大阪市住之江区南港のATCホールで開催された「LIVING&DESIGN2016」へ出展いたしました。
このたび、見本市会場に展示されたテーブル、椅子、姿見鏡等の家具や建材パネル等約40点を展示いたします。
徳島の地場産業の販路開拓の取り組みを県内の皆様にもご覧いただき、理解と関心を深めていただければ幸甚です。


と き 平成28年11月16日(水)〜12月4日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
本林家具梶i徳島市川内町)テーブル、椅子、ベンチ、デスク、チェスト
尾ア家具(徳島市南末広町)テーブル、椅子、テレビボード
潟Wャパンニューファニチァ(徳島市国府町)こたつ、学習机、建材パネル
林金属工業梶i徳島市不動西町)姿見鏡
                                合計点数 約40点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






すし桶に
いかがですか〜

時本孝一の
一枚彫り展


すし桶にいかがですか〜
時本孝一の一枚彫り展

時本孝一さんは、大正時代の終わりから続く、創業90年の(有)時本製材所の2代目社長さんです。
時本さんは、奥さんに好評であったすし桶に改良を加え、現在も余暇を活用し作り続けています。
一本のスギの原木からさまざまな工程を経て、約3年という時間をかけて作り出された無垢の食器。熟練した時本さんの手によって削り出された滑らかな木の風合いを、そのまま活かしたナチュラルな仕上げが、初々しさを引き立てます。このたびの展示会では、全て樹齢150年生のスギでできた製品となっています。
御多忙のところ恐れ入りますが、取材いただけますよう、よろしくお願い申しあげます。


と き 平成28年11月9日(水)〜11月27日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
一枚彫りのすし桶 約20点(外径32〜48cm)

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






高度な木工技術が
親から子へ〜

川口指物家具工房・
親子展



高度な木工技術が親から子へ〜
川口指物家具工房・親子展

川口指物家具工房は、日本伝統の漆仕上げの家具づくりを守りつづけている家具屋さんです。川口さんは、江戸の指物技術を修得するほか、板を交互に編み込んだ芸術的な網代組(あじろくみ)を得意としています。
息子さんの川口了意さんは、父親の経営する川口指物家具工房に弟子入りしました。間もなく10年の歳月が流れる訳ですが、今では、父親の得意とする「漆塗りや指物技術、網代組」をマスターするほどに成長しています。
このように、消滅しようとしている高度な木工技術が、着実に継承されています。


と き 平成28年11月2日(水)〜11月20日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
バタフライテーブル、片ひじの椅子、チェスト、あぐら椅子、パソコン台など
                                  20点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






保育園児が
クリスマス
グッズ作りに
挑戦〜

ワクワク手作り市


保育園児がクリスマスグッズ作りに挑戦〜
ワクワク手作り市

当協会では、「大切に作られたものたちが、大切にしてもらえる人に出会える場所づくり」をモットーに、手作り市を開催します。出品されるものは、雑貨・服飾・食べ物などが主ですが、特殊技能や伝統工芸品などのユニークな商品もあります。気になるモノがあれば、作り手とお喋りするのが手作り市の楽しみ方です。
今回は、作る側も見る側も和み、癒されるハンドメイドの魅力に子どもの頃から触れていただくため、保育園児がクリスマスグッズ作りに挑戦します。


と き 平成28年11月10日(木)〜13日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
@着物リメイク・・ジャケット、チュニック、パンツなど
A藍染・・チュニック、ベスト、帽子、手袋、ストールなど
B食品・・ジャム、バウンドケーキ、干し芋、みかん、柿など
C木工・・玩具、キッズ家具、まな板、こね鉢、椅子、踏み台、竹細工などD雑貨・・アクセサリー、かずらかご、あみぐるみなど
           合計 約2,500点(52作家が出品します)

≪イベント≫
クリスマスグッズの製作体験
 @と  き 11月10日(木)10時〜11時
 A内 容 サンタさん、クリスマスツリーの製作
 B招待者 阿波国慈恵院保育園の5才児23人

ワークショップ
 @と き 11月13日(日)午後1時〜3時
 A内 容 ビーズアクセサリー(ネックレス) 及び
       藍染のコサージュ の製作
 B定 員 各10人
 C参加費 各800円

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






美波町観光協会と
徳島市地場産業
振興協会が
連携〜

まるごと美波町展


美波町観光協会と徳島市地場産業振興協会が連携〜
まるごと美波町展

美波町観光協会は、このたび、美波町の魅力を紹介する展示会を開きます。一方、徳島市地場産業振興協会は、マスコットキャラクターで町おこしをする美波町を応援するため、名工による「かめたろう&えびー太のストラップ製作実演」や「体験教室」を実施します。
この展示会では、美波町のマスコットキャラクター「かめたろう」さんも出張し、地域が育んだ産業や豊かな自然・歴史・文化の魅力を紹介します。


と き 平成28年10月26日(水)〜11月13日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
@美波町の紹介・・パンフレット・ポスターの展示
A食品(即売)・・海産物加工品(うつぼ、アオリイカ、えび)、地魚の燻製、珍味かまぼこ(あわび、伊勢エビ、うに)、干物、しいたけ、焼肉のたれ、マカロン、クッキー、もなか、羊羹など 約1,000点
B手工芸品(即売)・・バッグ、マスク、亀の置物、木工小物など 約300点 

≪イベント≫
産地直送市
 @と き・・11月5日(土)午前10時〜午後3時(玄関にて開催)
 A内 容・・日和佐漁協が、伊勢エビ、アオリイカなど新鮮な魚介類を
        販売。
        また、地元農家が、新鮮な野菜、手作りの寿司やお餅
        などを販売。 

ストラップ実演及び体験
 @と き・・11月5日(土)午前10時〜午後3時
 A製作体験(かめたろう・えびー太) 定員20人、参加費 800円

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






思い出の着物が
今よみがえる〜

森 幸子の
布あそび展


思い出の着物が今よみがえる〜
森 幸子の布あそび展

森幸子さんは、京都在住の頃に、友達と一緒に「布あそびサークル」を結成し、昔の着物を利用した洋服づくりに熱中するようになりました。
 平成13年、実家がある石井町に帰り、新たな人生を歩むようになりました。帰郷後も京都のサークル仲間と連絡を取り合い、作家活動を続けていたとのことです。


と き 平成28年10月19日(水)〜11月6日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
(洋服)スーツ、パンツスーツ、ベストスーツ、ワンピース、ジャケット、コート、ベスト、スカート、パンツ、ロングジャケット、ブラウス
(布小物)手提げ袋、テーブルセンター
                                  合計118点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






メルヘンの世界へ
ようこそ〜

宮尾正男の
可愛い
木工作品展


メルヘンの世界へようこそ〜
宮尾正男の可愛い木工作品展

宮尾正男さんは60才で会社を定年退職したあと、山登り・つり・ものづくり(木竹芸)などの趣味の世界に没頭するようになりました。趣味の山登りで見つけた倒木や、庭木などを剪定した際に出る枝葉を、宮尾さん独特のアイディアで活用し、人形や動物、昆虫など、実に様々な子ども向きの置物を次々と作り始めました。手近にある廃材で、宮尾さんが子どもの幸せを願って、ひとつひとつ「緻密」に手作りした置物の数々。宮尾さんの作品は、どれも素朴な表情と温かみを併せ持つ人形や置物に仕上がっており、見る人全てに癒しを与えてくれるものと思います。


と き 平成28年10月12日(水)〜10月30日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
(1)子ども向け 人形や動物(キリン・象・うさぎ・牛・ねずみ・猫・
鳥)、昆虫などの置物、竹とんぼなど
(2)生活用品 菓子鉢、まな板、キー掛け、コースター、竹細工(ペン立て・靴ベラ・孫の手)など
(3)その他 唐木の印籠
                               合計 約300点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






落ち着いた
秋色の部屋づくり〜

実りの
秋の木工まつり


落ち着いた秋色の部屋づくり〜
実りの秋の木工まつり

クラフト作家が、山野草をカゴに生け込み秋の風情を出しました。また、優しさを感じさせてくれる秋の灯りや、職人が心を込めて一つ一つ手づくりした木工小物、及び、藍染・阿波しじら織で作った花などでしっとりと秋を感じる部屋づくりをしました。
また、皆様に徳島家具に親しんでいただくため、恒例の家具の出血サービスの「お買い得コーナー」を設置します。


と き 平成28年10月20日(木)〜10月23日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
≪秋のしつらえコーナー≫
 カゴ、すすき、古布のお月見だんご・うさぎ、三宝、和の照明、遊山箱、ミニ鏡台、藍染・阿波しじら織の花など 20種200点
≪家具お買い得コーナー≫
 リビング・ダイニングセット、ソファ、パーソナルチェア、TVボード、チェスト、テーブル、椅子、文机、三面鏡、こたつ、寿司桶、おひつ、遊山箱、時計、レリーフ、アクセサリー、額、玩具など

イベント(実演)
@と き 10月20日(木)午前10時〜11時
A内容
・阿波しじら織で秋の花製作:クラフト作家の冨尾千代子さん
・どんぐりの人形製作:宮尾正男さん

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






孫の日記念

木製玩具展


孫の日記念
木製玩具展

県内の木工業者が製作した積木、ドミノ、パズル、車などの木製玩具や、子供用の椅子や机などの家具約100点を展示販売いたします。
この機会にぜひ親子連れで、またはお孫さんを連れてお越しいただき、地場産業である木工業に触れていただければ幸いです。


と き 平成28年10月5日(水)〜10月23日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
積木、ドミノ、パズル、車、コマ、輪投げ、三輪車、モビール、遊山箱、子供用椅子・机等  100点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






蔦 哲一朗さんが

「三好市の
駆除鹿皮で
産業振興」


蔦 哲一朗さんが
「三好市の駆除鹿皮で産業振興」

蔦 哲一朗さん(ニコニコフィルム代表)は、祖谷物語の撮影を通して、年々増えていく野生鹿が、農作物や山林を荒らす「害獣」として、年間千頭以上、駆除されていることを知りました。また、駆除で得られる鹿肉などは、食肉加工され「ジビエ料理」として人気を集めつつあるが、鹿皮は打ち捨てられたままとなっていることを知りました。この廃棄される鹿皮を資源として活用するとともに、鹿の供養のためにも、地域の新しい産品として蘇らせ、産業振興につなげていけないか考えるようになりました。
このたび、蔦さんらは、革製品と藍染革の試作品が出来上がったことから、お披露目展を開催することにしました。


と き 平成28年9月28日(水)〜10月16日(日)
                           午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
財布1点(染色無)、藍染小銭入れ1点、藍染革1点
本製品
試作品に改良を重ね、12月には、かばんと財布が完成予定です。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






貯蓄の日記念〜

懐かしい
楽しい貯金箱展


貯蓄の日記念〜
懐かしい楽しい貯金箱展

10月17日の貯蓄の日を記念して、「懐かしい楽しい貯金箱展」を開催することにしました。江戸時代の「銭箱」から、各銀行や企業の貯金箱、アニメ・キャラクター貯金箱、戦前の戦時色豊かな貯金箱などを展示します。


と き 平成28年9月27日(火)〜10月17日(月)
                             午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
江戸時代の銭箱、兵隊人形貯金箱、軍艦型貯金箱、砲弾型貯金箱、剣道少年貯金箱、野球少年貯金箱、子ども銀行貯金箱、蔵貯金箱、二宮金次郎貯金箱、西本願寺貯金箱、ビリケン貯金箱、のらくろ貯金箱(日本信託銀行・ゼリア新薬)、パーマン貯金箱(住友銀行)、鉄腕アトム貯金箱(大和銀行)、のばらちゃん貯金箱(日本勧業銀行)、オバケのQ太郎貯金箱、ゲゲゲの鬼太郎貯金箱、恵比寿・大黒貯金箱(不動銀行)など   約60点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






いつもと違う
お洒落で〜

野口暁子
(きょうこ)の
可憐な
アクセサリー展


いつもと違うお洒落で〜
野口暁子(きょうこ)の可憐なアクセサリー展

野口暁子さんは、宝石大好き、アクセサリー大好きの、こだわりのアクセサリー作家です。
 粘土でアクセサリーを作り始め、ビーズアクセサリーから淡水真珠のアクセサリーと、フィールドは次第に広がっていきました。そして、今年6月に木工会館で開催された起業を目指す女性のイベント「徳島ウーマンビジネスフェスタ」に出品するようになりました。垢抜けた上品な仕上がりの彼女の作品は、来場者の注目を集めていました。このため、当協会では、彼女の手づくりアクセサリーを紹介する展示会の協力方をお願いしたものです。


と き 平成28年9月21日(水)〜10月10日(月)
                            午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
ビーズのネックレス・帯留め・ブローチ、粘土のブローチなど  
                                  約100点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






徳島・鳴門の

地場産業フェア&
ワークショップ


徳島・鳴門の
地場産業フェア&ワークショップ

鳴門市側では、伝統工芸品の大谷焼や特産物、クラフトマンの作品などを出展します。徳島市側では、木製品や伝統産業の藍染・阿波しじら織などを出展します。また、手軽に地場産業や手づくりの魅力に触れていただくため、ワークショップブースを設けて、楽しみの幅がより広がる「地場産業フェア」にしたいと考えています。


と き 平成28年9月29日(木)〜10月2日(日)9時30分〜18時
ところ キョーエイ鳴門駅前店4階 催事場(鳴門市撫養町小桑島)
展示品
鳴門… 陶磁器、藍染、布雑貨、特産物(鳴門金時、わかめ、れんこん)など 
徳島… 木工、藍染、洋服、布雑貨、アクセサリーなど
                               他 約1,500点
ワークショップ
(1)新聞ちぎり絵・・
  @と き 9月30日(金)10時〜正午A定員10人
  B参加費500円
(2)キーホルダーづくり・・
  @と き 10月1日(土)及び2日(日)
   10時〜正午(1回目)午後1時〜3時(2回目)
  A定員 各10人B参加費500円
(3)藍染のコサージュづくり・・
  @と き 10月2日(日)午後1時〜3時A定員10人
  B参加費800円
(4)エクセーヌのネックレスづくり・・
  @と き 10月2日(日)午後1時〜3時A定員10人
  B参加費1,000円


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






敬老の日記念

隠れた名工・
武樋正樹の
卒寿記念・
金工展


敬老の日記念
隠れた名工・武樋正樹の卒寿記念・金工展

徳島市の武樋正樹さん90歳が製作した、金属製の蒸気機関車の模型6点を展示しています。また、製作図面の展示もございます。
趣味とは思えない、プロ顔負けの精巧な作品をご覧ください。


と き 平成28年9月14日(水)〜10月2日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
蒸気機関車の模型 6点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






ライフスタイルに
合わせ
壁面収納へ転換

モダンな神棚展


ライフスタイルに合わせ壁面収納へ転換
モダンな神棚展

従来の神棚は和室向きですが、ダイニングやリビングに飾ることができるシンプルでモダンなデザインの商品を、徳島市の潟Lタウチが開発しました。
同社は床材の老舗メーカーで、床柱や床板を中心に製造していますが、材料として使用するカリン、エンジュ、鉄刀木などの銘木の端材を利用し、神棚の製造も行っています。このたび、従来の伝統的な形ではなく、すっきりとしたモダンな神棚を開発し、若い世代をターゲットに販売を広げようとしています。
この機会にぜひご覧いただき、徳島の木工業への理解と関心を深めていただければと思います。


と き 平成28年9月8日(木)〜9月25日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
モダン神棚 4点
従来型神棚 8点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






技の館と
協会が連携〜

クラフトフェア
2016
in技の館


技の館と協会が連携〜
クラフトフェア2016in技の館

「技の館」を会場に、徳島市の地場産業である木工や藍染、縫製などの展示会を開催することにしました。「技の館」で展示会を開くことにより、徳島市と上板町やその周辺地域との交流が進み、ものづくりや伝統工芸の理解と関心が更に高まるものと考えます。また、9月19日が敬老の日であることから、高齢者の皆様に、着飾って積極的に外出していただくため、着物リメイクのファツションショーを実施します。


と き 平成28年9月16日(金)〜18日(日)午前10時〜午後5時
ところ 技の館(板野郡上板町泉谷字原東32−4)

イベント
着物リメイクファツションショー
  @と き 9月16日(金)午前11時〜
  Aモデル 4人
  B内容 行楽の秋に似合うファツション
      (ワンピース、チュニック、ベスト、ブラウス&帽子、バッグ)
展示品
木工(椅子、テーブル、玩具、トレイ、アクセサリー、こけし、遊山箱など)、藍染(チュニック、ワンピース、スカーフ、帽子、手袋、コサージュなど)、着物リメイク(チュニック、ワンピース、ベスト、ブレザーなど)、古布小物(バッグ、ポーチ、ブローチ、コースターなど)、装飾品(ネックレス、ブローチ、リングなど)など          合計 約3,000点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




手づくりの温もり〜

キルト倶楽部・
宇山裕子と
教室生の作品展


手づくりの温もり〜
キルト倶楽部・宇山裕子と教室生の作品展

当協会では、敬老の日(9月19日)にちなみ、お年寄りの皆様の長寿を祝うとともに、残された人生を生きがいを持って元気で暮らしていただくため、高齢者向けレクレーションの一つとしてパッチワークキルトを紹介させていただくものです。高齢世代の女性にとっては、手芸は、かつて日常的に行っていたことのひとつです。手芸を通じて友達の輪が広がり、生きがいを取り戻すことができるのではないでしょうか。


と き 平成28年9月1日(木)〜19日(月)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室・2階第3展示場
展示品
ベッドカバー、タペストリー、バッグ、ぬいぐるみ、膝掛け、ポーチ、ブローチなど 約100点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






手工芸家協会と
会館がスクラム〜

手工芸家・
第一回展示会


手工芸家協会と会館がスクラム〜
手工芸家・第一回展示会

徳島県手工芸家協会(会長 埴渕美奈子)は、当協会と連携し、県下の手工芸を育み発展させることを目的に、徳島市立木工会館で初めて展示会「情熱の女たちからのメッセージ」(理事・賛助会員作品展)を開催することになりました。
県手工芸家協会は、会員それぞれが独自に磨いてきた技や心を発表するため、創立以来「県手工芸展」や「移動県手工芸展」などの活動を続けておられます。何物にも縛られない自由な文化・芸術活動であるため、業界の慣習や既成概念とは一線を画し、豊かな発想に基づく斬新な作品づくりで高い評価を得ております。
ぜひご覧いただきますよう、よろしくお願い申しあげます。


と き 平成28年8月24日(水)〜9月11日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
パッチワークキルト、組みひも、木彫、ビーズアート、レザークラフト、かがりまり、クレイアート、折り紙、押し花、木目込み人形、かずら工芸、和紙ちぎり絵、染色、七宝、編物、ステンドグラス、ガラス工芸、シャドーボックス、デコパージュ、カービング、フラワーデザイン、藍染、ジュエリーアクセサリー、さをり織など              34人 35点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






お寿司・
お惣菜屋さんが
作った

自然木家具展


お寿司・お惣菜屋さんが作った
自然木家具展

津川賢一さんは、自然木家具(天然の木「無垢」を極力加工しない状態で作る家具)づくりの達人です。平成10年ごろ、会社の倉庫に眠っていた県産楠の素晴らしい一枚板の魅力に引かれ、これをテーブルに蘇らせないかと、会社の大工さんに相談をかけ、製作手順や工法を教えてもらい試行錯誤を繰り返し、家具を完成させました。このこと以来、家具づくりの虜になりました。
津川さんの作品は、全て県産楠を素材にし、最低限しか手を加えないので、味のある木目や節、木の凹凸感などの素材感や自然観を楽しむことができます。また、寿司職人の肩書きも持つ津川さん手づくりの、美味しいお寿司・お惣菜も合わせて紹介します。


と き 平成28年8月17日(水)〜8月30日(火)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
テーブル、椅子、花台、テレビ台など約20点

津川さんの手づくり食品を販売
 (1)お寿司(鯖寿司・巻き寿司・ちらし寿司)15点
 (2)お惣菜(こんにゃくと根野菜のピリから炒め・季節の野菜天婦羅・ポテトサラダ)5点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






名古屋を拠点に
かずらで
徳島をPR〜

癒しのかずら展


名古屋を拠点にかずらで徳島をPR〜
癒しのかずら展

宇山さんのかずら工芸は、徳島に自生する、かずらの女王と言うべき「おおつづらふじ」を使用し、優れたデザインのほか、作品の隅々まで、気持ちを込めて製作した完成度の高い作品ばかりです。
徳島市地場産業振興協会では、来館者にかずら工芸のファンも多いことから、県外客の来館も期待できるお盆の時期に合わせて、個展の開催方をお願いし、了承いただいたものです。自然素材の味わいを活かし、日常生活に和みの空間作りを目指す宇山さんの格調高いかずら工芸品の数々をご堪能いただければと思います。


と き 平成28年8月10日(水)〜8月28日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
色彩のバリエーションが魅力の「オオツヅラフジ」を使用した花かご、壁掛け、ランプシェード、花台等のインテリア用品他  約50点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






3,000安打
達成記念〜

イチローの軌跡展


3,000安打達成記念〜
イチローの軌跡展

私たちがここ1ヶ月の間、やきもきしながら待ちに待った、MLB史上の大記録3,000安打を、ついにイチローが達成しました。本人はもとより日米野球関係者、日本国民は、この快挙に今、酔いしれています。当協会ではこの報に接し、県内の野球グッズコレクターの第一人者である高橋和之さんにお願いし、急遽、展示会を開催することにしました。 
このたびのイチローの快挙は、日本国民の心がマイナスからプラスに転じる、大きなきっかけになるものと思います。


と き 平成28年8月9日(火)〜8月21日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
高校時代の雑誌、プロに入団しての雑誌、メジャーリーグに入っての雑誌、サイン色紙(オリックス時代)、フィギア、時計など  約60点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






徳島の日本画家・
福山明玉の
目出度い

七福神阿波踊


徳島の日本画家・福山明玉の目出度い
七福神阿波踊

徳島市内の徳島関係資料蒐集家宅から、徳島の日本画家、福山明玉作の「七福神阿波踊」図が発見されました。当協会では、今年が、阿波踊り復活70周年記念の年でもあることから、蒐集家に展示公開方をお願いしました。
 徳島市立徳島城博物館 主査・学芸員 小川裕久さんによると「七福神図は江戸期以降、招福の画題として馴染み深い。その七福神に阿波踊を踊らせたユニークな図様である。明玉は、徳島の画人らしく福神たちに阿波踊りを踊らせてみたのであろう。あるいは徳島の商家などから依頼された作品なのかもしれない」とのことです。また、この作品は、昭和初期から明玉の没する昭和30年頃までに描かれたものと思われる」とのことです。


と き 平成28年8月9日(火)〜8月21日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
作品の内容
絹本着色の横幅の作品。縦41cm横57cm 

展示解説
(1)と き 8月9日(火)午後1時〜
(2)解説者 徳島城博物館 主査・学芸員 小川裕久

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





技術を駆使して
作った
本革の魅力たっぷり

若手革職人4人展


技術を駆使して作った本革の魅力たっぷり
若手革職人4人展

柔らかな風合い、天然素材の優しい心地よさ、温もりのあるデザイン。素朴な質感を大切に、ハンドメイドで作られる革製品は、色や仕上がりにどれも微妙な違いがあり、大量生産にはない魅力を持っています。会場には、バッグや財布、カードケース、靴など約150点が並びます。
ぜひこの機会に、本格的な手作りの革製品に触れていただき、徳島のモノづくりへの理解と関心を深めていただければと思います。


と き 平成28年8月3日(水)〜8月21日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
コースター、バッグ、ポーチ、財布、カードケース、靴等  約150点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






戦前期の
徳島の
盆踊りを描いた
新出作品展


戦前期の
徳島の盆踊りを描いた新出作品展

戦前期(大正〜昭和初期)の徳島の盆踊りを描いた新出作品が、徳島市内の蒐集家宅から発見されました。
徳島城博物館によると「略画による戯画的な描写ながら、戦前期徳島の盆踊りの雰囲気を巧みに表現した作品であり、大正〜昭和戦前期の徳島の盆踊りの賑わいを反映した作品といえよう。また、阿波踊の呼称を作品タイトルとして好んで採用している点も興味深い」とのことです。続けて作者については「この手の飄逸(ひょういつ)な阿波踊之図を大正10年、11年頃、板東秋岳(1893〜?)がいくつか描いていること。また、描法が酷似し、阿波踊所見と、タイトルに阿波踊の呼称を用いる点なども勘案すれば、作者が板東秋岳である可能性は極めて高いように思われる」とのことです。


と き 平成28年7月29日(金)〜8月16日(火)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
掛軸  紙本淡彩(紙に描いた薄く彩色した絵)、縦127cm 横33cm

展示解説
(1)と き 7月29日(金)午前10時〜
(2)解説者 徳島城博物館 主査・学芸員 小川裕久

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





阿波踊りをPR

阿波踊り
グッズコーナー


阿波踊りをPR
阿波踊りグッズコーナー

阿波踊りの柄が入った藍染製品や、竹や木でできた阿波踊り人形、下駄や鳴り物のストラップなど、約200点を展示販売する「阿波踊りグッズコーナー」を開設いたします。
徳島が一番盛り上がるこの時期に、阿波踊り観光とともに木工会館へお越しいただき、徳島の地場産業への興味をお持ちいただければ幸いです。


と き 平成28年7月8日(金)〜8月16日(火) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
下駄ストラップ、印籠、阿波踊り竹人形、ハンカチ、扇子、テーブルセンター、暖簾など  計200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






楽しい
昆虫アートの世界〜

夏休み・
親子
クラフト昆虫展


楽しい昆虫アートの世界〜
夏休み・親子クラフト昆虫展

展示コーナーは昔懐かしい「ふるさとの風景や夏の森」をイメージし、精巧にできた迫力満点のクワガタやカブトムシ、チョウ、カマキリたちを展示します。大人も子どもも大好きな昆虫。カブトムシやクワガタを見つけるワクワクを親子で楽しんでいただければと思います。これらの作品は、子どもの頃から徳島の木工に親しんでもらうため、全て木で作られています。
また、昆虫や昆虫作りを楽しんでいただくため、木製キットを接着材でくっつけるワークショップも実施することにしています。


と き 平成28年7月20日(水)〜8月7日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
(1)昆虫・・クワガタ、カブトムシ、チョウ、カマキリ、セミ、キリギリス、バッタ、テントウムシなど  約100点
(2)遊具・・竹とんぼ、風車  約20点

ワークショップ
「木製キットで昆虫を作ろう」(保育所・幼稚園・小学校低学年向き)
 と  き  7月30日(土)午前10時〜正午
 定 員  20人
 昆虫の種類 セミ、クワガタ、ハチ、チョウ、テントウムシの5種類のうち、お好きなもの2種類 
 参 加 費 一人800円(要保護者同伴)

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





藍の色は
暑さを
和らげてくれます〜

ワクワク〜
夏の藍染まつり


藍の色は暑さを和らげてくれます〜
ワクワク〜夏の藍染まつり

この展示会では、全国に誇る伝統産業である徳島の藍染を県民の皆さまに知っていただき、後世に継承・発展させるため、今の季節にぴったりの藍染製品を一堂に展示いたします。また、子どものころから藍染に関心を持ってもらうための「藍染ゆかたのおしゃれを楽しむ〜親子ファツションショー」を実施します。


と き 平成28年8月4日(木)〜8月7日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
@衣類・・ジャケット、ブラウス、カーディガン、チュニック、Tシャツ、ベスト、ストール、マフラー、帽子、手袋など
Aバッグ・小物・インテリア雑貨・・バッグ、財布、ポーチ、スマホケース、ストラップ、タペストリー、クッション、のれん、テーブルセンター、コースター、ルームシューズ、フラワーアレンジメントなど
B木工・・スピーカーなど
C食品・・藍のラスク、ケーキ、クッキー、葉茶など
Dその他・・バンダナ、ハンカチ、スポーツタオル、コサージュなど                                      約1,000点

イベント 「藍染ゆかたのおしゃれを楽しむ〜親子ファツションショー」
@と き 8月4日(木) 午前10時〜 
A参加者 わかば認定こども園の園児(5才児)男の子・女の子各3人

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







高校野球に
魅せられ
45年〜

高橋和之の
高校野球グッズ展


高校野球に魅せられ45年〜
高橋和之の高校野球グッズ展

高橋和之さんは、県内屈指の、野球グッズコレクターです。高橋さんは、子どもの頃から野球が好きで、小学生時には、テレビで高校野球を見ていたそうです。
高校野球で頑張った選手がプロに入り、活躍する姿を見ると嬉しくなり、プロ野球と変わらぬぐらいの高校野球フアンになったとのことです。
高橋さんに高校野球の魅力について伺いました。高橋さんは「夏の高校野球はトーナメント方式なので一度、負けたら終わりです。暑い夏のグランドで、一球に対する集中力に青春の全てを賭けています。このような、ひたむきな高校球児の姿に胸を打たれます」と語ってくださいました。
第98回全国高校野球選手権大会は8月7日開幕です。徳島大会は、7月9日から始まっております。


と き 平成28年7月20日(水)〜8月7日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
(1)昭和50年から現在までの高校野球関連の雑誌(週刊ベースボール高校野球特集号、日刊スポーツグラフ高校野球特集号、月刊ホームラン高校野球特集号、高校野球の単行本など)  約200点
(2)池田高校の黄金時代の資料(優勝記念皿、蔦監督のサイン、ナインの写真など)、徳島商業高校資料、県下高校野球の選手名鑑、県下高校野球の記念誌など  約100点
                                  合計300点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






大河ドラマ・
真田丸の
ロマン探訪〜

真田一徳斎の
合戦布陣図展


大河ドラマ・真田丸のロマン探訪〜
真田一徳斎の合戦布陣図展

ドラマの主人公 真田幸村(信繁)の祖父に当たる真田一徳斎(真田幸隆・幸綱)の川中島合戦布陣図が手に入ったとの連絡がありました。当協会では、多くの歴史フアンのために、合戦図を展示公開させて欲しいむねお願いし、了承いただきました。早速、徳島城博物館に調査を依頼しました結果、上杉謙信と武田信玄の死闘として戦国史上に名高い、「川中島合戦」での武将達の陣取りを記録した絵図であることが分かりました。
恐らく江戸時代の後期ごろ、両雄の戦いの復元を試みる歴史家、あるいは軍学者の手により、『甲陽軍鑑』など軍記類の記述をもとに作製された考証図であろうとのことです。


と き 平成28年7月15日(金)〜31日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
合戦布陣図  サイズ 縦85cm 横61cm  

展示解説
  (1)と き 7月15日(金)午前10時〜
  (2)解説者 徳島城博物館 学芸員 森脇崇文氏 

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





徳島で生まれた

とっておきの
夏のギフト展


徳島で生まれた
とっておきの夏のギフト展

徳島のメーカーや工芸作家が製作した、藍染のストールやパッチワークのバッグ、木製のスツールやコースター等、ギフトにぴったりの商品約400点を展示販売いたします。夏のギフトシーズンにぴったりの商品です。
ぜひ木工会館へお越しいただき、徳島の地場産業への興味をお持ちいただければ幸いです。


と き 平成28年7月13日(水)〜7月31日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
コースター、キー掛け、スツール、バッグ、ポーチ、シャツ、ストール、ポン酢、海産物加工品等 約400点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






涼を演出する
家具・
インテリア〜

どきどき・
夏の木工まつり


涼を演出する家具・インテリア〜
どきどき・夏の木工まつり

木工会館内にインテリアショップをオープンして、今年で節目の10年目を迎えました。創業10周年に当たり、木工会館や地場産業について、更に多くの県民の皆様に知っていただくため開催します。このイベントでは、インテリアを工夫することで夏を涼しく快適に過ごす方法などを御紹介します。


と き 平成28年7月21日(木)〜7月24日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
涼を演出する家具・インテリア
 爽やかなブルー系のソファを並べた一群を設けるほか、藍染、ガラス、うちわ、プリザーブドフラワーなどを紹介します。
こだわり食品
 完熟トマトを利用したトマトケチャップとタレ、減農薬のゆず、すだちを利用したポン酢など。いりこ、だし昆布、佃煮などの海産物
癒し系体験ブース
 23日及び24日の2日間、整体を受けることができる。
家具お買い得コーナー
 ダイニング・リビングセット、ソファ、パーソナルチェア、学習デスクセット、楽座椅子、すし桶、三面鏡など約1,000点
全品市価の半額以下の特価品です。価格帯100円〜250,000円

特別イベント
 創業10周年を記念し目玉商品として、定価40万円のダイニングセット2点と革張りソフア1点を、それぞれ10万円で販売します。また、会期中に1万円以上(税込み)お買物をした方が抽選会に参加できます。お買物券(5千円)や藍染ハンカチが30人に当たります。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






一生に一度
もらってみたい

木版画・
暑中見舞い
はがき展

一生に一度もらってみたい
木版画・暑中見舞いはがき展

暑中見舞いを版画で贈る。柔らかな風合いと彩色が魅力の木版画なら、きっと感謝の気持もより伝わるはずです。紹介する木版・暑中見舞いはがきは、どれもデザインが凝っていて、見ているだけでも楽しく、癒されるものと思います。これらの暑中見舞いは、大正時代から昭和にかけて、絵はがきは勿論、郷土玩具、納札、絵馬など、様々なものを蒐集するコレクターたちが、趣味の交換会のために製作したちょっと変わった木版絵はがきの数々です。
彼らはコレクターとして、モノの面白さや出来栄えにこだわりました。面白さについては、暑中見舞いのモチーフにちなんだ洒落や見立てに知恵を絞って愉快な図柄を考案し、出来栄えについては、絵師や、彫師、摺師といった木版職人に依頼することでこだわりを示しました。


と き 平成28年7月6日(水)〜7月24日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
幽霊、行水、雷、桶、団扇、蛍、舟、滝、水泳、お地蔵さん、山と舟などの暑中見舞いはがき  約70点

※これらのはがきは、昭和8年7月に開催された「暑中見舞 葉書交換会」(名古屋 錦葉会主催)に出品されたもので、応募要項には、「夏に因んだもので、手摺木版渡以上の洗練されたるもの」とされている。


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






海の日を
記念して〜

船舶模型と
大漁旗展

海の日を記念して〜
船舶模型と大漁旗展

海の日を記念して「船舶模型と大漁旗展」を開催することにしました。県内のアマチュア工芸作家が、ウォールナットやヒノキ、割りばしなどを利用して作った精密な機帆船や徳島藩の御座船・至徳丸、鯨船・千山丸などを展示します。
 次に大漁旗は、大漁の喜びを浜辺で待つ家族などに知らせるための「祝いの信号旗」です。そのため、遥か沖合いからでもよく判るように、肉太の文字と明るい原色でシンプルにデザインされています。


と き 平成28年7月1日(金)〜7月18日(月)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
@木製帆船模型、紙模型船など  約30点
A大漁旗  約30点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






定年後の
楽しいものづくり〜

私たちの
竹細工展

定年後の楽しいものづくり〜
私たちの竹細工展

この竹細工同好会は、中央公民館の竹人形講座の修了生で構成されており、活動歴は20年を超えています。70〜84才のメンバーが、今年6月から毎週木曜日に徳島市立木工会館に集まり、午後1時から5時まで創作活動に当っています。
会員は、一部女性を除いて、NTT、銀行などの元サラリーばかりです。企業戦士を卒業しても、目標を失わず好きな竹細工に寄り添った生活をしていることが、元気の秘訣になっているように思われます。


と き 平成28年6月29日(水)〜7月18日(月)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
木曽街道69(塩田の茶店・戸田川の渡し場)、野点とお琴、みその農園、ひょうたん阿波踊、ハートの阿波踊り、たぬきの阿波踊り、寝ロクロ、越前人形、干支の十二支、シンデレラ姫、弘法大師、かやぶきの里、ライト付きの花器、幸福の鳥、尾長鳥など  約100点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






布小物作家が
「徳島大空襲の
押絵タペストリー」
を制作

布小物作家が
「徳島大空襲の押絵タペストリー」を制作

布小物作家の三木恵美子さんは、徳島大空襲の事は全く知りません。平成24年6月に展示された、稲飯直さん制作の徳島大空襲の藍染壁掛けや、平成25年6月に浜松利昭さんが、自らの徳島空襲体験を紙芝居にしたことに感動していました。浜松さんから、保育所などへの出前紙芝居をする際に、紙芝居が重いので苦労しているとの話を聞いていた木工会館は、浜松さんに三木さんの布小物作品を紹介しました。この結果、浜松さんと稲飯さん協力のもと、運搬が便利な「押絵タペストリー」が出来上がったものです。


と き 平成28年6月24日(金)〜7月10日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
  空襲のタペストリー仕様 (37cm×31cm)の作品3点を
  (52cm×143cm)のタペストリー4点に貼付け。作品数12点
  ※押絵の作成方法
    布でできた多くのパーツを、一つ一つ画用紙に貼付けていく 

タペストリー説明会
  @と き 平成28年6月24日(金)午前10時〜
  Aところ 徳島市立木工会館(徳島市福島一丁目)
  B参加者 もとしろ認定こども園  5才児16人

戦争資料展
   資料の内容…
   兵隊貯金箱、肉弾三勇士文鎮、南方共栄圏双六、
   川柳漫画 銃後の弾丸、軍隊生活古絵葉書、写真週報(内閣
   印刷局)、出征の幟など 約50点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






女性の視点の
ものづくりを
ご覧ください

ユニークな
女性木工作家の
作品展

女性の視点のものづくりをご覧ください
ユニークな女性木工作家の作品展

女性の木工職人が製作したアクセサリーや木のおもちゃ、インテリア雑貨など、約200点を展示販売します。
女性ならでは視点で作られた商品は、繊細なデザインや丁寧な仕上げが施されています。これまでとは少し違った雰囲気の木工作品がたくさん並ぶ展示会です。ぜひご覧くださいませ。


と き 平成28年6月22日(水)〜7月10日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
アクセサリー(ピアス、ネックレスなど)、遊山箱、積木、ドミノ、おもちゃ箱、iPhoneケース、コースター、まな板、小物入れ、ペーパースタンドなど 
                                   200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






涼しい景色を
つくる〜

夏の風物・
ガラス&藍染展

涼しい景色をつくる〜
夏の風物・ガラス&藍染展


インテリアでも涼しさを演出しましょう。サラダや和え物などをガラスの器に盛り付ければ、見た目にも涼しい感じになります。藍色を使うのも良いと思います。浴衣、うちわ、のれんなど、藍色は昔から夏の小物の色として日本で使われてきました。テーブセンターや、のれんなどに採り入れてみてはどうでしょうか?
 今回の企画展は、夏に向けて涼しさを感じてもらうため、初夏の食卓やインテリアにぴったりのガラス&藍染を紹介します。



と き 平成28年6月15日(水)〜7月3日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
(1)ガラス・・食器(お皿、小鉢、グラス)、花びん、ペーパーウエイ
ト、アクセサリーなど  約250点
(2)藍染・・衝立、のれん、テーブルセンター、ランチョンマット、コースターなど  約50点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






県西部の
販路開拓を
目指す〜

ハンドメイド
ショップ・
オープン

県西部の販路開拓を目指す〜
ハンドメイドショップ・オープン


アクアシティーを運営する(株)鴨島商業開発(代表取締役 小山三夫・吉野川市鴨島町上下島92−3)は、県内のものづくり作家を支援するとともに、吉野川市の活性化を図るため、自社ビル内の店舗を県内作家・アーティストに開放する「メードイン徳島商品を選ぼう運動」を計画しました。
 アクアシティーの依頼を受け木工会館では、当面の対応として店舗入居者に「クリエイティブ徳島協同組合」を推薦し、同組合が店舗に入居することが決まりました。


1 店舗のオープン 平成28年6月7日(火)午前10時〜午後6時
2 店舗の名前    ハンドメイドショップ クリエイティブ徳島
3 店舗面積及び出展者数 64uで木工・藍染・ジュエリーの9社
4 出展者  クリエイティブ徳島(協) 木工会館を拠点に活動する、木工・藍染・縫製・皮革・宝飾加工の中小ものづくり企業29社が加盟。
平成26年8月発足で、理事長は、(有)オザキ工芸代表取締役 尾崎修一


アクアシティー
 所在地  吉野川市鴨島町上下島92−3
 電話番号 0883-22-2801
 営業時間(平日)  9:30〜20:00
       (祝休日) 9:30〜20:00
 休日   不定休

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料



芸は身を助ける〜

元公務員の
木工作品展

芸は身を助ける〜
元公務員の木工作品展


「芸は身を助ける」という、ことわざがあります。何か身に付けた技術や芸があれば、思いがけず役に立つことがあるということです。今回の企画展は、長年、公務員生活を送ってこられた方々で、現在は木工作家として活躍しておられる皆様の作品を紹介します。業界の慣習や既成概念に縛られず、いわば「素人の強み」を活かし、斬新な商品構成で人気を博しています。


と き 平成28年6月7日(火)〜6月26日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
組木絵、時計、小物入れ、プレート、トレー、アクセサリー、三輪車、傘立て、卵のオブジェ、タンス、椅子、ミニテーブル、お盆、裁縫箱、額、テーブル、もろぶた、まな板、縁台、踏台、花台、椅子など  約120点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






阿波市の
手作りと匠の
技の競演〜

阿波市
匠のものづくり展

阿波市の手作りと匠の技の競演〜
阿波市匠のものづくり展


阿波市近辺は、手作りが盛んな地域です。手作り文化が盛んな阿波市近辺を、地域の皆様に知っていただき、地域ぐるみで盛り上げていただくため、地域の作家さんたちの作品と、プロの匠の技を融合させた展示会を開催することにしました。会期中の6月19日が父の日にあたることから、お父さんへのプレゼントの一提案として、男性向けの服や小物を身に付けたメンズフアッションショーを行います。


と き 平成28年6月16日(木)〜6月19日(日)9時〜17時
ところ 阿波農村環境改善センター内多目的ホール
     (阿波市阿波町東原173)
イベント
「メンズファツションショー」
 @と  き 6月16日(木)午前10時〜
 Aモデル 6人
 B内 容 夏に似合うメンズファツション アロハシャツ&帽子

展示品
木工(椅子、テーブル、玩具、トレイ、レリーフなど)、
藍染(Tシャツ、スカーフ、帽子、扇子など)、
着物リメイク(チュニック、ワンピース、ベストなど)、
古布小物(バッグ、ブローチ、コースターなど)、
装飾品(ネックレス、ピアス、リングなど)、
その他(一閑張り、プリザーブドフラワー、竹細工、蜂蜜など)など
                            合計 約3,000点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料



地場産業の
新しい取り組みを
ご覧ください

業態変更により
生き残りを図る
企業展

地場産業の新しい取り組みをご覧ください
業態変更により生き残りを図る企業展


鏡台メーカーが製作した仏壇やダイニングセット、塗装業者が製作した木製小物やアクセサリー等、自社の技術を活かして新しいジャンルの商品を製作し、販路開拓に取り組む木工企業を紹介します。約120点の商品を展示販売します。
ぜひご覧くださいませ。


と き 平成28年6月1日(水)〜6月19日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
ダイニングセット、宝石箱、仏壇、ネックレス、ブローチ、お盆、コースター、ランチョンマット、厨子等
                            合計120点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






起業を目指す〜

徳島
ウーマン
ビジネスフェスタ
2016

起業を目指す〜
徳島ウーマンビジネスフェスタ2016


今日、女性の創業についての世間の関心が高まっています。このようなことから、当協会では、起業を目指す女性の実践とネットワークづくりの場として、この展示会を開催します。また、人件費削減と接客サービス向上に効果的な「ぬいぐるみロボット」の販路開拓を目指す、起業家の初のプレゼンテーションを予定しております。


と き 平成28年6月9日(木)〜6月12日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
@木工・・スプーン、小物入れ、こけし、積木
A藍染・・Tシャツ、チュニック、ストール、バック、帽子、日傘、手袋
B洋裁・・洋服
C布小物・雑貨・・ポーチ、バック、ペンケース、スマホケース
Dアクセサリー・・ブローチ、ネックレス
E食品・・パン、切干大根、餅、赤飯
Fその他・・革靴、かずらかご、プリザーブドフラワーなど
                            約1,500点

イベント  新分野の起業(ぬいぐるみロボットの開発・販売)のプレゼン
と き 6月9日(木)午前10時〜10時40分
発表者 潟Aゲイン代表取締役 稲実房子
内 容 今年3月から、自社で接客サービス(挨拶、会社や行事の説明、阿波踊りサービス)をしている、温かみのあるぬいぐるみロボット(トビラちゃん)の販路開拓のプレゼン


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






華やかで
幻想的な世界へ〜

中野慶子の
ろう工芸作品展

華やかで幻想的な世界へ〜
中野慶子のろう工芸作品展


中野慶子さんが、このたび「ろう工芸作品展」を開くことになりました。
この作品展では、今の季節にピッタリの藍染作品も出品されます。「ろう工芸藍染」は、素材となる紙や布でできた物を先に藍染したもので、大変、珍しいものと思います。


と き 平成28年5月25日(水)〜6月12日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
フラワーアレンジメント、ブローチ、ペンダントなど
        約30点(うち、藍染作品15点)


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






貴方の思い出が
詰まった〜

忘れえぬ
昔の雑誌展

貴方の思い出が詰まった〜
忘れえぬ昔の雑誌展


厳しい生活を強いられた戦時下に、人々がどのように暮らし、そして余暇を楽しんでいたのか。その時々の人々の暮らしぶりは、雑誌を通してその詳細がわかります。
今回の展示会では、戦時下に出版された雑誌や戦後(昭和20年〜50年代)の雑誌から、その時代に生きた人々の暮らしぶりや娯楽を紹介します。


と き 平成28年5月17日(火)〜6月5日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
アサヒグラフ、毎日グラフ、週刊朝日、サンデー毎日、週刊読売、週刊文春、芸能画報、主婦の友、主婦と生活、主婦之友、婦人公論、暮しの手帖、美術の秋、オール読物、オール生活、娯楽よみうり、オリンピック、オリンピック画報、映画と演芸、少年ジャンプ、幼稚園ブック、小学一年生、写真週報、支那事変画報、大東亜戦争画報など    約300点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





40年ぶりに
日の目

徳島指物師が
作った
黒柿製の
高級飾り棚展

40年ぶりに日の目
徳島指物師が作った黒柿製の高級飾り棚展


約40年前に製作されたと思われる、貴重な国産黒柿でできた飾り棚が発見されました。この飾り棚は、今は廃業している(株)松田三郎商店(徳島市安宅町)で製造されてものです。
当協会では、正ベテラン木工職人の秋月正二郎さんと松田正治さんに作品の鑑定をお願いしました。お二人の御意見は、江戸指物の流れを汲む、高度な技術を有する徳島指物師の仕事に間違いないとのことです。黒柿の材料をうまく組み合わせて、独特の柄(孔雀杢)になるように工夫していること。作品の隅部分のほぞ組は、40年経っても狂いがない。また、ほぞ組の留め部分は、千切り(ちぎり)による結合(最も強度な高い緊結方法)がなされていること。などなど、現在の木工職人の仕事には見られない卓越した技能が随所に施されているとのことです。


と き 平成28年4月28日(木)〜5月31日(火)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





手作りと
癒しのイベント〜

クオリティ
セレクション展

手作りと癒しのイベント〜
クオリティセレクション展


若手ものづくり作家が、プロとして生活できる地域社会の実現を目指す。こんな思いで、若手もの作り作家たちを応援する「クオリティセレクション展」を、徳島市立木工会館で開催します。技術や素材にこだわりを求め、より高いクオリティを追求するための展示会を目指しております。このため、一定以上の技術やデザイン力などをキープするため、6人の選考委員による作品審査を経て出展者を決定しました。
また、心と身体のリフレッシュを目的とした整体やマッサージなどを紹介するコーナーも設置します。


と き 平成28年5月26日(木)〜5月29日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール
展示品
@装飾品・・指輪、ペンダント、イヤリング、ブレスレットなど300点
A衣類・・チュニック、シャツ、スカーフ、手袋など200点
B木工・・積木、玩具、ブックスタンドなど300点
C雑貨・・プリザーブドフラワー、編みぐるみ、指人形、樹脂粘土など1,000点

ヒーリング(28日と29日の10時〜17時)
整体、マッサージ、足もみ、カラーセラピー、アロマセラピーを実施。
料金は、20〜30分で2,000円〜3,000円


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






貴重な木工技術を
ご覧ください

消えつつある
木工技術展

貴重な木工技術をご覧ください
消えつつある木工技術展


徳島は全国有数の木工産地です。家具、仏壇、建具等、多くの木製品を全国各地に向けて販売しています。今回の企画展は、彫刻、ロクロ、杢張りなど、徳島に残る数少ない職人の手仕事による木工技術を紹介します。これらの技術は、機械化が進んでいる木工業界において大変貴重で、今後さらに少なくなることも懸念されます。
会場では、このような技術によって製作された製品約200点を展示販売いたします。
ぜひご覧くださいませ。


と き 平成28年5月11日(水)〜5月29日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
彫刻…レリーフ、手鏡、コースター、昆虫や花の置物等
杢張り…テーブル、小箱、時計、お盆等
寄木細工…お盆、菓子鉢、ティッシュケース、ネックレス等
ろくろ…お皿、コップ、弁当箱、印鑑入れ、お香入れ等
                                 合計200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





五輪エンブレムは
藍色〜

世界に羽ばたけ・
初夏の
藍染まつり

五輪エンブレムは藍色〜
世界に羽ばたけ・初夏の藍染まつり


東京五輪エンブレムは「藍色紋様」と決まりました。このたびこれを記念し、県内各地の藍染業者・作家・愛好家などに呼びかけ、世界に羽ばたけ「いきいきどきどき・初夏の藍染まつり」を開催することにしました。この展示会では、今の季節にぴったりの藍染製品を一堂に展示いたします。また、子どものころから藍染に関心を持ってもらうための「子ども藍染ファツションショー」や「ワークショップ」、「貴重な藍染古布の特別展示」をさせていただきます。


と き 平成28年5月19日(木)〜5月22日(日)9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
@衣類・・子ども服、ジャケット、ブラウス、チュニック、Tシャツ、ストール、スカーフ、帽子、手袋
Aバッグ・小物・インテリア雑貨・・日傘、バッグ、ポーチ、タペストリー、トートバック、のれん、テーブルセンター、スリッパ、フラワーアレンジメント、ブローチ、遊山箱
B食品・・ハーブティー、キャンデイ、ビスケットなど 約1,200点
特別展示品
江戸・明治・大正時代の藍染筒描の布団地など 約20点(全て非売品)

イベント
@子ども藍染ファツションショー・・
と  き:5月19日(木)午前10時〜11時
モデル:渭東保育所5才児10人
Aワークショップ(ポケットティッシュケースづくり)・・
と  き:5月21日(土)、22日(日)午前10時、午後1時半の1日2回
参加費:800円
定  員:20人(1回5人先着順)


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






おもちゃが
生活の一部に〜

私の
おもちゃ
コレクション展

おもちゃが生活の一部に〜
私のおもちゃコレクション展


井上高廣さん(66才)は、高齢になってもおもちゃにワクワクしています。子どもの頃、夢中になって遊んだ思い出は、大人になっても忘れることができないのでしょう。井上さんの言葉を借りると、「私にとっておもちゃは、日々の生活に寄り添うことができる、生活の一部です」とのことです。


と き 平成28年5月9日(月)〜5月22日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
(1)ロボット・車などのブリキのおもちゃ 約30点
(2)ソフビの怪獣(ゴジラ・ラドン・ガメラ・メカゴジラなど) 約10点
(3)その他 約20点   
                                合計 約60点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






「太布庵」創立
15周年記念〜

太布織まつり
in
木工会館

「太布庵」創立15周年記念〜
太布織まつりin木工会館


那賀町木頭地区の「太布庵」が創立されて、今年で15年目を迎えます。阿波太布製造技法保存伝承会(会長 大沢善和)と当協会は、創立15周年を記念して「古代布・太布織まつり」を徳島市立木工会館で開催することにしました。
「太布織まつり」では、15年の歩みの写真展示や、太布織のできるまでの工程が分るパネル展、新作発表、体験、講演会、更には、木頭地区の木工品の展示も予定しております。次に、川端芙美さん(平成28年1月21日、88歳で死去)は、県下で一番早く太布織の魅力に取り付かれ、素朴さや自然の風合いの魅力を国内外に発信した、伝説の作家です。この川端さんの作品も展示します。


と き 平成28年4月27日(水)〜5月15日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
15年の歩みの写真、太布織の工程のパネル、反物、ペンケース、バッグ、木工品(臼と杵、将棋盤、ヘラ、ゆず搾り器、バターナイフ、スプーン、すりこぎなど50点)、川端さんの作品(作務衣、タペストリー、ランチョンマット、テーブルセンターなど30点)など約120点

イベント
  @コースター及びしおり作り体験
   と  き  4月29日(金)午前10時〜午後3時
   参加費  700円
   定  員  20人(先着順)
  A講演会
   と  き  4月29日(金)午後1時〜午後2時
   講  師  阿波太布製造技法保存伝承会 会長 大沢善和さん  


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






思わず
笑みがこぼれる

母の日&
子どもの日
プレゼント展

思わず笑みがこぼれる
母の日&子どもの日プレゼント展

子どもの日や母の日のプレゼントには、地元徳島の職人たちが製作した木製の玩具や家具、藍染製品はいかがでしょうか。
木製品や藍染製品など、手作りで品質の良い商品は、長い年月使えることで愛着がわいてきます。お母さんはプレゼントを長く使えますし、子どもたちはモノを大切にするという気持ちを育てられます。
このたびの企画展では、木製の玩具や子ども向け家具、藍染の洋服やストール、バッグ、日傘など約400点を展示販売します。
ぜひご覧くださいませ。


と き 平成28年4月20日(金)〜5月8日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
・子どもの日
木のおもちゃ(積木、ミニカーなど)、椅子、テーブル、小物入れなど
・母の日
ブラウス、ストール、帽子、アクセサリー、布バッグ、フラワーアレンジメントなど
                               合計400点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






端午の節句に
向けて

男の子遊山箱展

端午の節句に向けて
男の子遊山箱展

昔、徳島の子どもたちは、桃の節句の時期になると遊山箱に食べ物を入れて、野山に遊びに出かける風習がありました。最近では男の子用に端午の節句に向けて遊山箱を探される方も増えてきています。
このたび木工会館では、男の子用遊山箱50点と、木彫りの兜飾りや布小物のこいのぼり等を展示いたします。
ぜひご覧くださいませ。


と き 平成28年4月15日(金)〜5月8日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
遊山箱50点、木彫りの兜飾りとこいのぼり、布小物の五月飾りとおもちゃ

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






藍染と
阿波しじら織の

面白い
端午の節句展

藍染と阿波しじら織の
面白い端午の節句展

徳島市立木工会館で、一足早い「藍染・阿波しじら織の端午の節句展」を開催します。徳島市の伝統産業を身近に感じてもらうため、藍染と阿波しじら織で作ったユニークなお飾りを展示します。また、お子様の健やかな成長を願う、昔の勇ましい五月幟(のぼり)や武者人形なども併せて展示し、端午の節句気分を盛りあげることにしております。


と き 平成28年4月13日(水)〜5月5日(木)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
端午の節句飾りの内容
 @五月人形(縦100センチ横150センチの大作の藍染壁掛け)
 A鯉のぼり・吹流し(阿波しじら織)
 B菖蒲(しょうぶ)・柏餅・ちまき(阿波しじら織)
 C武者人形(江戸時代)
 D金太郎(大正時代)
 E五月幟(大正〜昭和時代)

オープニング・イベント「五月人形に変身!」
 と き 4月13日(水)午前10時〜 
 内 容 阿波国慈恵院保育園(徳島市福島1丁目)の園児23人を
 招き、園児の「五月人形に変身!」(若武者又は金太郎)イベントを
 行います。なお、会期中、子どもさんは、甲冑(藍染と阿波しじら織)
 を着たり、金太郎に扮して記念撮影ができます。


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






被災地東北への
熱い想い

尾崎富夫の
伝統こけし
コレクション展

被災地東北への熱い想い
尾崎富夫の伝統こけしコレクション展

尾崎富夫さんは、東北の素朴なこけしに惹かれ、昭和40年代から、こけしの蒐集を始めるようになりました。大震災から5年の節目を迎えたことから、悲惨な震災の風化を防ぐほか、東北の優れた文化を紹介するため展示会を開くことになったものです。東京こけし友の会の橋本永興会長は、尾崎さんのコレクションについて「コレクターなどが評価している職人のものを集めており質の高いものばかりです。また、産地に出掛け購入したものが多く、東北の自然や、職人に対する熱い想いを感じます」と話していました。


と き 平成28年4月6日(水)〜4月24日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
東北で生まれた11系統のこけし(福島・土湯系、宮城・弥治郎系・遠刈田系・鳴子系・作並系、山形・肘折系・山形系・蔵王系、秋田・木地山系、岩手・南部系、青森・津軽系)  約300本

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






農作業が
楽しくなる〜

徳島の
農作業着展

農作業が楽しくなる〜
徳島の農作業着展

これから始まる本格的な農作業シーズンを前に、このたび、農作業着としてだけでなく普段着としても使ってもらえる、徳島発のファツション性の高い農作業着を一堂に集めました。


と き 平成28年3月30日(水)〜4月17日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
作業ブラウス、モンペ、手甲、腕抜き、農帽、バッグ、ヤッケ、前掛けズボンなど  約1,200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






退職&転勤〜

徳島で生まれた
心のこもった
プレゼント展

退職&転勤〜
徳島で生まれた心のこもったプレゼント展

定年退職や結婚退職、転勤、引越し、卒業など3月は別れの季節です。
御世話になった方々に、大好きとありがとうの気持を込めて品物をプレゼントする機会が多く、ギフト用品の需要が高まります。この時期に合わせて当協会では、徳島で生まれたインテリア雑貨やアクセサリー等、ギフトとしてお使いいただける様々な製品を集めた展示会を開催いたします。


と き 平成28年3月23日(水)〜4月10日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
木工・・机、時計、ペン入れ、キー掛け、キッチンタオル掛け、額など
藍染・・ブラウス、チュニック、ベスト、スカーフ、ストール、藍染&しじら織の花、コサージュなど 約300点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






野球は
我が人生〜

高橋和之の
野球本
コレクション展

野球は我が人生〜
高橋和之の野球本コレクション展

高橋和之(会社員・55才)さんは、野球に関する書籍を中心とした野球グッズコレクターです。高橋さんのコレクションは、野球本10,000点、グッズが200点と膨大なものとなっています。
2016年のプロ野球は、3月25日(金)開幕です。当協会では開幕に先立ち、県下の野球資料蒐集の第一人者である高橋さんに、コレクション展の御協力をお願いしました。


と き 平成28年3月16日(水)〜4月3日(日) 午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
昭和20年代から現在までの雑誌、色紙、選手のカード(お菓子のおまけ)、フィギュア、優勝記念の皿など  約200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





ワクワク〜

春の布まつり

ワクワク〜
春の布まつり

古き良き時代の和服を現代的な洋服にリサイクルした、ちょっと昔の着物で、心もうきうきお出かけしませんか。また、最近流行っている「二部式着物」(洋服感覚で、着脱や保管が簡単です)も紹介します。
会期中に「若者(着物リメイク洋服)と高齢者(二部式着物)のフアッションショー」を行います。


と き 平成28年3月24日(木)〜3月27日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階多目的ホール

展示品
着物リメイク洋服(コート、ジャケット、チュニック、ワンピース、パンツ等)、古布雑貨(手提げ、巾着、壁飾り、置物、コースター等)、現代布雑貨(ストール、帽子、バッグ、ポーチ、財布、ペンダント等)、藍染(ストール、帽子、ブラウス等)、現代着物など 約2,000点

イベント・・
「若者(着物リメイク洋服)と高齢者(二部式着物)のファッションショー」
ところ 3月24日(木)午前10時〜午後1時半
    (1回目午前10時〜10時半 2回目午後1時〜1時半)

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






家具と
着物リメイクドレス
の競演

春の
ブライダル展

家具と着物リメイクドレスの競演
春のブライダル展

木工業が盛んな徳島は、かつては鏡台を主力商品とした婚礼家具の産地として、大きく発展しました。生活スタイルの変化により、今では少なくなった鏡台ですが、徳島では専門に製作するメーカーが生き残っています。
今回の企画展では、鏡台やチェスト、ダイニングセット等の家具と、着物リメイクドレスが並び、春のブライダルシーズンに合わせた展示内容となっています。
ぜひご覧ください。


と き 平成28年3月9日(水)〜3月27日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
家具 鏡台、チェスト、ダイニングセット 15点
リメイクドレス、ファッション小物等 約200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






春を探しに〜

古壷に伝統
(藍染&
しじら織の花)
を生ける展

春を探しに〜
古壷に伝統(藍染&しじら織の花)を生ける展

皆様に一足早く春を感じていただくため、伝統産業の藍染や阿波しじら織でできた春の花と出会える「古壷に伝統(藍染&しじら織の春の花)を生ける展」を、徳島市立木工会館で開催することにしました。
クラフト作家の冨尾千代子さんが、古備前、古越前から古代の土器など、古壷に似つかわしい春の花を作り、それらを沢山、生けてくれました。古壷と花が美しいハーモニーを醸しだし、展示空間は和み、私たちの心を癒してくれるものと思います。


と き 平成28年3月7日(月)〜3月21日(月)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

展示品
藍染&しじら織りの春の花  桜、桃、チューリップ、バラ、カラー、バーベラ、カーネーションなど 約30点
古壷  弥生時代の土器から室町、江戸初期までの古壷(備前、越前、信楽、常滑)約10点
ラワー、トートバック、マグネット、一閑張りなど 約1,000点 

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






細密工芸の数々〜

江戸の職人と
阿波の職人の
装身具展

細密工芸の数々〜
江戸の職人と阿波の職人の装身具展

江戸時代は、経済力の成長とともに、豊かな生活文化が生まれました。装身具が流行り、身辺の飾りものに斬新な趣向のデザインが目立ってあらわれました。装身具の代表的なものとして印籠(いんろう)・根付(ねつけ)・喫煙具・櫛(くし)・笄(こうがい)・簪(かんざし)があげられます。
これら江戸の職人たちが心血を注いだ繊細巧緻な工芸品の数々と、現代の木工職人などが制作した装身具の数々を一堂に集めた装身具展を、徳島市立木工会館で開催することにしました。


と き 平成28年2月24日(水)〜3月13日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
@江戸の装身具
 印籠5点、根付23点、喫煙具6点、櫛・笄・簪30点、袋物4点
A現代の装身具
 山口木工・・ピアス・イヤリング・ペンダントなど 80点
 工房正峯・・簪・櫛・根付・指輪など 80点
 阿部工房・・ペンダント・帯止めなど 20点
 フナコシ塗装・・ネックレス・ペンダントなど 30点
 手作り工房「寛・美」・・髪飾り・バッグなど 30点
 A&C・・指輪・ネックレスなど 30点
 フライソング・・ネックレス・ブレスレット・リング・マネークリップなど 50点
 夢つむぎ・・ネックレス・ブローチなど 50点
 宮内勝子・・ブローチ・ストラップなど 30点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





冨士ファニチア
と連携〜

春の木工まつり
inFURNIX

冨士ファニチア鰍ニ連携〜
春の木工まつりinFURNIX

当協会は、県内最大手の家具メーカー・冨士ファニチアと連携し、春の木工まつりを同社のショールームで開催します。お客様のニーズは多種多様であることから、同社の広々としたショールームで複数の生活空間の御提案をさせていただくものです。


と き 平成28年3月4日(金)〜3月8日(火)午前9時半〜午後7時
ところ 冨士ファニチア徳島ショールーム
     ・FURNIX(板野郡松茂町笹木野)

お買い得の商品
ソファ、ダイニング・リビングセット、テレビボード、パーソナルチェア、ベッド、壁掛け、靴べら、鏡、遊山箱、積木、玩具、ベンチ、線香入れ、薬入れ、ストール、ブラウス、Tシャツ、プリザーブドフラワー、トートバック、マグネット、一閑張りなど 約1,000点 

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




東京の
ギフト・ショーを
徳島で

ギフト・ショー
in木工会館

東京のギフト・ショーを徳島で
ギフト・ショーin木工会館

2月3日〜5日の3日間、東京ビッグサイトで開催された日本最大の生活関連用品の見本市「ギフト・ショー」は、2400社が出展し、20万人のバイヤーが来場しました。この見本市に、徳島の木工・藍染しじら織企業4社が出展しました。
今回、木工会館では、ギフト・ショーへ出展した4社の製品を一堂に展示します。卓上鏡や木製スピーカー、藍染しじら織生地など、販路開拓に臨んだ最新の商品約100点を展示いたします。ぜひご覧ください。


と き 平成28年2月17日(水)〜3月6日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

出展者、展示物
褐徳(徳島市城東町)  卓上鏡三面鏡
長尾織布合名会社(徳島市国府町)  阿波しじら織生地、衣類、テーブルウェア
ヨシモク(徳島市新南福島1)  木製ミニスピーカー、LEDインテリア照明、木製雑貨
睦技研梶i徳島市東沖洲1)  藍染ハンモック、折り畳み椅子
                            合計点数 約100点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






藍染・阿波しじらの

雛人形
(ひなにんぎょう)
飾り展

藍染・阿波しじらの
雛人形(ひなにんぎょう)飾り展

日本の伝統行事である「雛祭り」を行うことにしました。県産杉の間伐材で作った人形に、藍染や阿波しじらの着物を着せたお内裏(だいり)様とお雛様を飾ります。顔の部分は取り外しができる構造で、来館されたお子様が、自由に「お内裏様・お雛様」に変身できるようなっています。


と き 平成28年2月10日(水)〜3月3日(木)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

オープニング・イベント 「お雛様に変身!」
 @と き 2月10日(水)午前10時〜
 A内 容 さくら保育園(徳島市住吉2丁目)の園児(4才児24人)を招き、園児の「お雛様に変身!」イベントを行う。一般の参加もOKです。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





>
楽しいひな祭り〜

クラフト作家の
徳島で生まれた
おひな祭り展

楽しいひな祭り〜
クラフト作家の徳島で生まれたおひな祭り展

この展示会では、小さなスペースでも手軽に飾れるひな人形を、優れた技術を持つアーティストの創作で楽しんでもらおうと企画しました。
 展示される作品は、藍型染めのおひなさ様(額入り)、おひな様のタペストリー、ひな人形と遊山箱を組み合わせた、徳島らしいおひな様飾りや、お子様に親しみやすい動物のひな飾り、また、木工技術を駆使した、省スペース向きの五段飾りのひな人形などがあります。


と き 平成28年1月21日(木)〜3月3日(木)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
@木製:遊山箱入りお雛さまセット、こけし雛、五段飾りの雛人形、陶木雛、ドールハウス・ミニチュアなど
A藍染:藍型染めのお雛様(額入り)、お雛様のタペストリー
B古布・現代布:お雛さま、吊るし飾り、吊るし飾りのパーツ、パッチワークの雛人形タペストリー、フェルト製の雛人形など
C陶器:段飾り雛人形、平飾り雛人形、変わり雛、立ち雛、額入り雛など
                                約450点


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






徳島伝統の
遊山箱を
たくさん
揃えています


新作遊山箱展

徳島伝統の遊山箱をたくさん揃えています
新作遊山箱展

かつて徳島の子どもたちは、節句の時期になると遊山箱に食べ物を入れて、野山に遊びに出かける風習があり、昭和40年代前半ごろまで続いていました。その後は姿を消した遊山箱ですが、徳島市立木工会館で、平成18年6月から遊山箱の常設展示をはじめると、人気が復活しました。
一年の中で、最も遊山箱への関心が高まるこの時期に合わせて、木工会館で「新作遊山箱展」を開催いたします。
徳島独自の遊山箱文化に触れていただき、徳島の地場産業である木工業への理解と関心を深めていただければ幸甚です。


と き 平成28年1月13日(水)〜3月3日(火) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
遊山箱 約70点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






高度な修理により
甦った時計〜

大西睦泰の
懐かしの
古時計展

高度な修理により甦った時計〜
大西睦(むつ)泰(ひろ)の懐かしの古時計展

大西睦泰さんは、5〜6年前から、ゆるやかな「時」の流れを感じる古時計のある暮らしに魅せられ、古時計を蒐集するようになりました。蒐集してきた古時計たちは、静寂の中で再び時を刻むのを待っているはずだ。これらの時計を甦らせたいと強く思うようになりました。藤本利(り)市(いち)さんとの出会いにより彼の夢が実現するようになりました。藤本さんは「アンティーク時計の修理は行っていませんが、大西さんの熱意に負け引き受けることにしました」と話してくださいました。
 大西さんの熱意と、藤本さんの努力により甦った古時計たち。大西さんは、古時計の魅力や高度な修理技術を多くの市民に知ってもらおうと展示会を開くことにしました。


と き 平成28年2月3日(水)〜2月21日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
日本の精工舎や尾張時計、ドイツのユーハンス社、アメリカのイングラハム社、ウランガラス置時計など(いずれも大正時代から昭和初期)
                                  20点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





森の健康を
みんなで守る

間伐材の作品展

森の健康をみんなで守る
間伐材の作品展

県内の木工業者や工芸作家等が製作した、杉やヒノキの間伐材を使った家具やインテリア雑貨、おもちゃ等を展示販売いたします。
温かみのある木の製品に触れていただき、徳島の地場産業である木工業への理解と関心を深めていただければ幸甚です。


と き 平成28年1月28日(木)〜2月14日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
踏み台、まな板、お皿、積み木、ドミノ、鍋敷き、椅子、机等
                                   400点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





>
木工体験
「手作り遊山箱&
雛人形教室」の
参加者を
募集しています

木工体験「手作り遊山箱&雛人形教室」の
参加者を募集しています

桃の節句に向けて、2つの木工教室(遊山箱教室及び雛人形教室)が、徳島市福島一丁目の徳島市立木工会館で開催されます。
県産の木製キットを使い製作するもので、初心者でも気軽に参加することができます。
申込み方法は電話(徳島市地場産業振興協会:電話088−626−2453)でお申込みください。なお、締め切りは2月5日(金)で、定員になり次第、締め切らせていただきます。 
お問い合わせは 徳島市地場産業振興協会 電話088−626−2453


と き 平成28年2月7日(日) 10時〜正午
ところ 徳島市立木工会館


定員
遊山箱…12組の御家族(参加費:3,000円)
雛人形…20組の御家族(参加費:1,000円)


申込み方法
電話(徳島市地場産業振興協会:電話088−626−2453)でお申込みください。

締め切り 平成28年2月5日(金)
       ※定員になり次第、締め切らせていただきます。


 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




節分イベント

節分イベント

春を告げる節分に当たって、次のとおり節分イベントを準備いたしました。

イベント
1 福島幼稚園の園児による豆まき
  と  き 1月26日(火)午前10時〜

2 「豆まきコーナー」設置による一般来館者の「豆まきの体験」
  と  き 2月3日(水)午前9時〜午後5時

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料




新春企画〜


懐かしの
商業看板展

新春企画〜
懐かしの商業看板展

展示紹介する看板は、明治時代から昭和時代にかけて、主に県内の各商店に飾られたもので、業種としては、お菓子屋・薬屋・魚屋・酒屋・洋蝋燭屋などです。杓子の形をした看板(日用品卸商)やゴミ箱の看板(仁丹の宣伝用)など、斬新な構図と鮮やかな色使いには、ただただ感心するばかりです。


と き 平成28年1月19日(火)〜2月7日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場
展示品
@木製23点A鉄板ホーロー製12点 合計35点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料





新春一番
いろどり
マーケット〜


女性たちの
手作りフェア

新春一番いろどりマーケット〜
女性たちの手作りフェア

手芸の魅力は、何といっても出来あがった時の嬉しさや楽しさにあるものと思います。県内では、様々な手芸作品が、日々生み出されています。このような作品を通して人と人が出会い、楽しむ。そして、手芸についても関心を持っていただく。このような展示会を開催することにしました。出品するのは、女性たちばかりの9人です。三好優子さん(洋裁)、石本定子さん(裂織)、佐藤明美さん(布小物)、佐藤和代さん(布小物)、浅尾むつ美さん(和裁)、佐藤真由美さん(プリザーブドフラワーのアレンジメント)、松原千鶴子さん(編物)、工藤長子さん(古布小物)、山口ミサエさん(縫製)です。年始の風物詩となるように、徳島に元気を、心に彩りを与えられる機会にできればと考えています。


と き 平成28年1月15日(金)〜1月31日(日)午前9時〜午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室
展示品
@洋裁(藍染のチュニック・ストール、着物リメイクのワンピース・チュニック、ニットのベスト・コート・スカート・ジャンバースカート)
A裂織(タペストリー、ブラウス、チュニック、ベスト)
B布小物(バッグ、手提げ、ポーチ、壁飾り、ブローチ)
C和裁(訪問着、浴衣、留袖、羽織、)
Dプリザーブドフラワー(プリザーブドフラワー、造花)
E古布細工(人形、置物、ポーチ、ストラップ、サルボボ、ブローチ、コースター、つり飾り)
F編物(コサージュ、ベスト、帽子、バッグ)など
                           合計約1,000点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






新年にふさわしい
新作家具を
展示します


新春地場産業展


新年にふさわしい新作家具を展示します
新春地場産業展

徳島市立木工会館では、新年第1回目の展示会として、新たな取り組みにより販路開拓を目指す地場産業の企業を紹介します。
冨士ファニチア鰍ヘ、木工産地徳島を代表する全国有数の総合家具メーカーです。同社は、合板を重ねて型枠に入れて形を作る「成型合板」の技術を活かした椅子やソファを主力商品とし、全国の家具小売店や百貨店等で販売されています。このたびの展示会では、同社の新しいコンセプトの家具シリーズを展示いたします。他にも彫刻師や工芸作家の作品が数多く並びます。
ぜひご覧いただきまして、徳島の木工業へのご理解と関心を深めていただけたらと思います。


と き 平成28年1月8日(金)〜1月24日(日) 9時〜17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場
展示品
テーブル、椅子、ソファ、手鏡、レリーフ、壁飾り、靴べら、スカーフ、バッグ、しじら織造花、コサージュ等 約200点

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






木工会館


新春イベント


木工会館
新春イベント

当協会では次のとおり、新春イベントを計画しております。


≪イベント≫

@鏡開き&ぜんざいに舌づつみ
  と き・・平成28年1月4日(月)午前10時〜 
仕事始めの4日に、近くの「もとしろ保育園」の園児(4〜5才児28人)を迎え、園児と一緒に行います(来館者の参加もOKです)。鏡もちはぜんざいにして、園児や来館者ら(100人分御用意しています)に食べていただきます(木工会館・展示場入口で行います)。

A福袋の販売
  と き・・平成28年1月4日(月)〜1月11日(月)
                      午前9時〜午後5時
  干支の置物・玩具・ストラップ・ペンダント等の木工製品や、ストール・Tシャツ・マフラー等の藍染製品を、千円・2千円・3千円・5千円・1万円の5種類の福袋に詰め込み売り出します。

B園児の春の七草ゼミナール
  と き・・平成28年1月7日(木)午前10時〜 
  春の七草を染め抜いた藍染壁掛け(1m×1,3m)を展示し、これを見ながら、「もとしろ保育園」の園児が来館者と一緒に、春の七草について楽しく学ぶ。

C春の七草プレゼント
  と き・・平成28年1月7日(木)七草ゼミナール終了後、福袋購入者など50人にプレゼントします。

 主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会

入場無料