協会マーク 公益財団法人徳島市地場産業振興協会 770-0868徳島県徳島市福島1-8-22
TEL:088-626-2453/FAX:088-626-2473
Email:info@jibasan.org

木工会館外観
トップページへ
木工会館貸館ページへ
イベント・セミナーページへ
地場産品紹介ページへ
協会事業報告ページへ
リンクへ
 イベント・セミナーのご案内

 問い合わせは公益財団法人徳島市地場産業振興協会電話626-2453まで

 現在開催中のイベント情報

イベント・
   セミナー
内          容
年末年始感謝市
新・古布遊び展
一年の感謝を込めて
「年末年始感謝市 新・古布遊び展」を開催
藍染・しじら織のお買い得品、
お値打ち品をたくさん用意しました

 今年も残すところ、あと僅かとなりました。今年一年の感謝を込めて、初の「年末年始感謝市 新・古布遊び展」を開催しています。
 徳島市の伝統産業である藍染・阿波しじら織製品や、今年好評を博した古布を集めた、布ファン待望の展示会(感謝市)を目指しております。
 また、藍染・しじら織の変遷をご理解いただくため、戦前・戦後の見本帳も参考展示しています。
 お買い得な商品がいっぱいの展示会にぜひお越しいただき、展示会の活気と雰囲気を楽しんでいただければと思います。

と き 年末 平成21年12月25日(金)~12月28日(月)
    年始 平成22年1月4日(月)~1月5日(火)
    午前9時~午後9時まで

ところ 1階常設展示場

【展示品】
①藍染・しじら織製品・・・お出かけ浴衣、エコ風呂敷、ワイシャツ、ネクタイ、チュニック手提げバック、しじら端切れ、巾着、タオル、帽子、パッチワークセット、ハンカチ、スリッパ、迎春用フラワー、縁起物など
②古布・・・藍染筒描・型染め、更紗、江戸の帷子・打掛、大島紬やウール地など着物地で作ったジャケット・ベスト・パンツなど
③その他・・・戦前・戦後の藍染・しじら織の見本帳

入場無料
 
 
 
「歳の大市」地場産品で新年を~ 木工会館「歳の大市」 開催
地区商店街と連携し、顧客サービスを向上

 昨年に引き続き今年も、市民ボランティア・地場産業応援団、木工会館を拠点に起業を目指す美術工芸作家、木工業者の協力をいただき、1年を締めくくる「歳の大市」を開催することになりました。特に本年は、地元の福島地区商店会と連携のもと、豊富な品揃えで顧客サービスの向上を図ることにしております。
 今のライフスタイルに合わせた「使いやすいモダンなお正月グッズ」をコンセプトに、それ ぞれが得意分野を活かし、自信をもってお勧めできる正月用品をご提案したします。是非ご覧 下さい。

と き  平成21年12月9日(水)~12月28日(月) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【出品内容】
①生活用品・・・社、もろぶた、飾り棚、木製ぐいのみ、竹製花生け
         藍染しじら織フラワー、生花(しめ飾り、水引飾り等)、小餅と鏡餅
         お節料理、皿鉢料理

②縁起グッズ・・・木彫り(恵比寿、大黒等)、ストラップ、ちりめん細工

③遊具・・・羽子板、寄木細工の独楽、碁盤、将棋盤


入場料無料


 
「第1回木工まつり」 地場産業の復権を求めて~「第1回木工まつり」を開催
家具お買い得コーナーを設置します

 全国に通用する最新の徳島家具や名工の卓越した木工製品を紹介するほか、メインイベントとして、市価の半額以下のお値打ち品を多数展示した家具の「お買い得コーナー」を設置します。
 来館者にまず徳島の家具を気軽に購入し、使っていただくことにより、その良さ(品質や機能・デザイン)を分かってもらえるよう力を入れたいと思っております。
 また、木工に関心を持っていただき、後継者の育成を目的とした製作実演も行うことにしています。
 是非ご覧下さい。

と き  平成21年12月3日(木)~12月20日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【名工の作品】
現代の名工、阿波の名工らの作品

【家具お買い得コーナー】
ダイニングセット、リビングセット、ソファ、椅子、チェスト、鏡台などの家具類60点
ガラス、鏡、椅子のクッション、カゴなどの家具の部品や小物類100点
全品市価の半額以下の特価品です。

木工の実演  「障子の組子」製作実演 
        12月13日(日) 午前10時から正午まで

入場料無料

 
 
クリスマス&年末ギフトショー クリスマス&年末ギフトショー
貴方の大切な人に心を込めたハンドメイドの地場産品を贈りませんか

 昨年初めて開催した「クリスマス・ギフトショー」や「ギフトショー」が好評であり、年間をとおして木工小物や美術工芸品の販売が堅調なことから、今年は二つの企画展を統合して開催いたします。
 贈られる方の笑顔を思い浮かべて、ハンドメイドで市場にはない、作家の自由な発想によるユニークな提案商品を数多く揃えました。
 多くの皆様にぜひ木工会館へ足を運んでいただき、個性豊かな優れた作品の数々をご覧いた だき、大切な方への心を込めたプレゼントのひとつとしてご検討いただければと考えています 。

と き  平成21年11月18日(水)~12月6日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【展示品】
クリスマスリース、木製アルバム、トレー、椅子、ステンドグラス、写真立て
ペ ンダント、ブローチ、つみき、ドールハウス、ぬいぐるみ、キーホルダー
スカーフ等、52種 383点

【出展者】
小山材木店、手づくり工房寛・美、宝徳、丸恭工芸、森のくまさん、森工芸
U.G  FURNITURE、woody heart、美術工芸作家6名

入場料無料

 
日々の生活を彩る
「深秋のクラフト作家展」
日々の生活を彩る「深秋のクラフト作家展」

 一流の木工職人やクラフト作家が製作したこだわりの逸品を一堂に展示します。製作期間1年以上の機帆船模型、 彫刻師の木彫刻、寄木細工、陶芸、ロクロ工芸の木皿など多ジャンルの作品340点が並びます。一部を除きすべて販売します。量産品とは違う一品モノの魅力、本物 の魅力を感じていただければ幸甚です。
 ぜひご来場いただき、徳島の木製品の魅力、ものづくりのすばらしさを知っていただきたいと思います。

と き  平成21年11月11日(水)~11月29日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【展示品】
木彫刻、機帆船模型、寄木細工、木製あんどん、木皿、陶芸など 合計340点

入場料無料


 
布遊び~押し絵と細工物の世界展 布遊び~押し絵と細工物の世界展 開催
親から子へ、子から孫へと伝えられた
押し絵の美と技をご覧下さい

 昔は布が貴重品でした。このため、女性たちは、どん な小さな残り裂(ぎれ)も小箱に大切にしまってとってお きました。押し絵は、このような小さな残り裂を生かし きろうと願う女たちの、愛着と創作意欲が生み出した技 法です。明治・大正時代には、押し絵細工は女子のたし なみのひとつでありました。昭和期に着物を着る人が減 ると、細工物の文化も徐々にすたれていきました。それ が平成の今日、着物や古布の魅力が再認識され、再び細 工物を楽しむ人が増えています。
 江戸・明治・大正時代を駆け抜けた、さまざまな人の、 色々の思いや願いが込められた押し絵と細工物を御覧く ださい。

と き  平成21年11月5日(木)~11月23日(月) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【展示品】
椿模様(底は籠を持つ娘)の押絵袋物
唐子模様(底は椿)の押絵袋物
市松模様の押絵袋物
亀甲模様の押絵巾着(子どもの守 り袋)
隠れ蓑模様の押絵巾着
役者模様の押絵巾着、琴爪袋、 飾りもの、袋もの
押絵雛、財布、懐紙入れ、小物入れ、玩具、巾着

入場料無料


 
 
ショップ“手作り工房「寛・美」”お披露目展 開催 木工会館起業セミナー受講生のショップ
“手作り工房 「寛・美」”お披露目展 開催

 徳島市地場産業振興協会が主催する起業家養成セミナ ーの受講生である横畠寛さんと奥さんの美千恵さんが自宅でインテリアショップ“手づくり工房「寛・美」”を オープンするに先立ち、このほど初の個展を木工会館にて開催することになりました。
 個展には起業を目指す他の美術工芸作家も友情出品し ています。
 寛さん制作の流木やヒノキの端材を使って様々な木製 品や、美千恵さん制作の藍染や阿波しじら織の生地を使 った手工芸品が数多く並んでいます。
 横畠さんご夫妻の輝かしい「第二の人生チャレンジ」 のホームグランドでの個展を是非ご覧下さい。

と き  平成21年10月28日(水)~11月15日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【展示品】
木   製   品・・・ふくろうの郵便受け、傘立て、宝 石箱、木彫りの壁掛け、
             折りたたみ式輪投げ
藍染・しじら織製品・・・ふくろうの壁掛け、 写真立て、かご、
              ティッシュボックスカバー、流木クロ スアート
そ   の   他・・・古布トートバック小物入れセット 、絵手紙、かずら細工、
             絵画等
友 情  出 品・・・流木アート、藍染しじら織フラ ワー
合計 130点

インテリアショップ 11月24日(火)
午前11時オ ープン(阿波市阿波町)


入場料無料


 
 
こだわりインテリア
「無垢の木材を使った手作り木製品展」
こだわりインテリア
「無垢の木材を使った手作り木製品展」

 一枚板のテーブルをはじめ、無垢の木材を使って、徳島 県内のメーカーが作った椅子やチェスト、テレビボード などの家具と、お皿、お箸、トレイ、ティッシュケース 、遊山箱などのインテリア小物200点を展示販売します。
  無垢の木は、それ自身が持つ木目や色合い、手触りなど 他にはない魅力があります。また、使い込んでいくうち に色やツヤがでてきて、何ともいえない風合いに変化し ていきます。このような、価値ある本物の木製品をぜひ ご覧いただき、徳島の木製品の魅力を知っていただきた いと思います。

と き  平成21年10月21日(水)~11月8日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【展示品】
家具類…一枚板のテーブル、椅子、テレビボード、チェ スト、文机など
小物類…時計、箸、箸置き、コースター、食器、ティ ッシュケース、ペン立てなど
出品点数 200点
入場料無料


 
 
主婦2人「秋の着物リメイク作品展」 主婦2人「秋の着物リメイク作品展」を開催
~手に優しく、心に触れて懐かしい着物で、現代の服を ~

 今から40~90年前ぐらいの着物地を、現代的なフ ァッションへと蘇らせる美の達人2人。今回の企画展は 、藍染、阿波しじら織、泥大島、絵羽織、絞りの羽織、 紬、小紋、兵児帯など、日本の四季が詰まったさまざま な素材を使った服づくりを主婦2人が紹介します。

と き  平成21年10月7日(水)~10月25日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【展示品】
フォーマルドレス、コート、ジャケット、ワ ンピース、
ベスト、スカート、パンツ、バック 78点

入場料無料


 
 
徳島建具展「和みの建具・家具」 徳島建具展「和みの建具・家具」

 徳島の建具産業と木工業をPRするため、第5回目となる 徳島建具展を開催します。会場には、年齢別にターゲッ トを絞った建具や木製品の提案コーナー(60歳前後の方 には懐かしい木製オーディオセットをはじめ、各年齢を ターゲットにした家具や建具)をメインに、ドアの内部 構造を見せるコーナー、建具に関する悩みにプロがお応 えする対応する「建具何でも相談コーナー」、サービス 価格での木製品即売コーナー、オリジナル木製キューブ 販売コーナー、特別価格のまな板販売コーナー(1枚300 円)などが設置され、多くの方に楽しんでいただける内 容になっています。
 ぜひ、この機会にご来場いただき、徳島の建具と木工業 についてあらためて認識を深めていただきたいと思いま す。

と き  平成21年10月9日(金)~10月12日(月) 9時~17時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 多目的ホール

【展示内容】
建具メーカーが提案する世代別の木製品の展示、ドアの内部構造展示、
建具なんでも相談、サービス特価木製品即売、オリジナル木製キューブ販売、
特製まな板販売(1枚300円、各日先着10枚)
出品点数 300点

入場料無料


  
   
秋を楽しむ~秋の灯りと木工&藍染のインテリア展 秋を楽しむ~秋の灯りと木工&藍染のインテリア展
~木と藍の味わいを生かす部屋づくりで、実りの秋を楽しんで~

 空気が澄み渡り、木の葉が色づく秋には、木工や藍染の伝統ある深い味わいが似合います。古来、人々が一年の収穫を喜んだ季節です。しっとりとした落ち着いた秋色の部屋づくりで日本情緒を満喫されてはいかがですか。
 温かさと安心感のある優しさを感じさせてくれる秋の灯り。秋の気配が漂うと、なぜか楚々とした風情として心ひかれる山野草。
 秋の夜長にゆっくりとした時間を過ごすために、貴方の部屋を模様替えしてちょっと秋を楽しみませんか・・・

と き  平成21年9月30日(水)~10月18日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【展示品】
照 明・・・陶芸、フロアースタンド、ステンドグラス、木彫り等
木工品・・・テーブル、イス、タンス、座鏡、額、額たて、時計、遊山箱、トレイ、
      飾卓、花台等
雑 貨・・・藍染フラワー、ちりめん細工、タペストリー、和布ネックレス、
      ブレスレット、ブローチ、ベスト、山野草等
合計 482点

入場料無料


 
     
ペット用木製家具等展 ペットと共に生きる癒された日々に感謝を込めて
動物愛護週間記念「ペット用木製家具等展」

 動物愛護週間(9月20日~26日)を記念して、「ペット用木製家具等展」を開催中。
 近年、少子化で兄弟が少ない家庭や、結婚などで子どもが出ていった家庭で、動物を飼う方が増えています。今後、高齢化社会に伴い、高齢者の方で動 物を飼う機会が飛躍的に増えてくると思われます。
 このように動物は、心豊かな生活を追及するに当たって重要な存在になってくる一方、動物の虐待事件や遺棄などがあとをたたず、社会問題にもなって います。今日、動物をかわいがり、保護し、人と動物の調和のとれた共生社会を築くことが求められています。
 このようなことからこの度、家族の一員であるペットと、家庭で共に快適な生活を送るための一提案として開催しています。企画展に愛するペットと、 張りのある充実した生活を送るためにも、ぜひご来館下さい。

と き  平成21年9月16日(水)~10月4日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【展示品】
①ペット用木製家具・・・ベッド、キャビネット、クローゼット、ウエアーラック、仏壇    ②その他のペット用品・・・小型・中型犬用首輪、リード、お散歩バック、ペット用ウエア、刺しゅう入りワッペン      
③ペットをモチーフにしたグッズ・・・刺しゅう入りワッペン、コースター、ハンドタオル、花びん敷、押絵等
合計 115点

入場料無料


 
  
第1回ブライダル展 第1回ブライダル展

 秋のブライダルシーズンに合わせて、 徳島の木製家具メーカーが鏡台、タンス などの婚礼家具を市価の半額以下の大特 価で販売します。そのほかにも、木製の 時計やトレイ、ティッシュケース、鏡な どブライダルギフトや引き出物にも使え る木製のインテリア雑貨、ブライダル用 貸衣装、カタログギフトも展示販売し、 ブライダルをトータルで応援します。
 全国的にも徳島の鏡台は有名で、高級鏡 台といえば「阿波鏡台」といわれるほど 高く評価されてきました。その美しい仕 上げは、他では見られない優雅な雰囲気 があります。ぜひご来場いただき、徳島 家具のすばらしさを感じていただきたい と思います
 現品限りの特価品も多数取りそろえてい ます。
 ぜひご覧ください。

と き  平成21年9月9日(水)~9月27日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【展示作品】
婚礼家具…鏡台、姿見、タンス
木製インテリア雑貨…時計、トレイ、ティッシュケース、写真立て、鏡、カード立て ブライダル用貸衣装、カタログギフト
合計80点

入場料無料


 
   
清涼を求めて~
一足早く秋に生ける
清涼を求めて~一足早く秋に生ける
冨尾千代子と橘みづほの「藍しじらフラワー2人展」


 この度、市民ボランティア・地場産業応援団(徳島市の地場産業である木工業や伝統産業の藍染・しじら織業の振興を支援するボランティア)活動の一環として、「清涼を求めて~一足早く秋に生ける」をテーマに、藍染愛好家の冨尾千代子さんと橘みづほさんの作品展(2人展)を開催。藍染や阿波しじら織の生地を活用した(ワイヤーで型どりし、ボンドで接着)アートフラワーを一堂に展示します。作品展には、木工会館で2人が指導した生徒さんの作品も協賛出品されます。
 この2人展を通して、県内においてさらに藍染・阿波しじら織の手工芸文化が広がるものと期待しています。どうぞご来館下さい。

と き  平成21年8月26日(水)~9月13日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【展示作品】
バラ、かすみ草、野ぶどう、シダ、コスモス、野菊など 約50点

入場料無料


   
 
暮らしの中の
快適な椅子展
暮らしの中の快適な椅子展

 
 徳島の木工職人が丁寧にひとつひとつ心を込めて作った椅子たちです。 木のぬくもりを活かした無垢材の椅子やスツール、座り心地のいい快適なソファ、レト ロな布を使ったかわいいスツールなど、現代の生活の中で無くてはならない「椅子」を 一堂に展示しました。座り心地やデザイン、木の素材感、大きさなど、座り比べてお気 に入りの椅子を見つけてください。現品限りの特価品も多数取りそろえています。 ぜひご覧ください。

と き  平成21年8月19日(水)~9月6日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【展示内容】 
木製チェア、木製スツール、布張りスツール、ソファ 合計67点

入場料無料

 
徳島現代クラフト協会の起業を支援 徳島現代クラフト協会の起業を支援
木工会館で初の「手づくり作品見本市」を開催


 徳島現代クラフト協会が、このほど起業にむけて、手づくり作品見本市を開催。 徳島市地場産業振興協会が平成18年度から進めている「個人・団体への起業家支援事 業」に応募されたものです。 徳島現代クラフト協会は、手づくり文化の普及・向上を図るため、県内の手工芸家に声 を掛け、平成元年に設立されました。編物・刺繍・紙人形・押絵・染色・パッチワーク ・木彫・竹細工・七宝・陶芸・押し花など、手づくり全般の作家やその生徒さんで構成 された県文化協会加盟の文化団体です。これまで、徳島そごうや四電プラザで、会員が 作品のチャリティ販売をしたことはありますが、起業に向けての取組みは初めてです。

と き  平成21年8月5日(水)~8月23日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【出展者】
徳島現代クラフト協会 会員21人

【展示品】
糸工芸・・・編物(ボレロ・ベスト・セーター)、藍染のストール、
藍染のタウンウエア、帽子、ペットボトルホルダー等 計56点
布工芸・・・藍染タペストリー、藍染の額、メモ帳カバー、藍染の人形等  計17点
工芸・・・籐のかご、木彫り(ブローチ、写真たて、コースター等)、七宝
焼(指輪、ブローチ、ペンダント、タックピン、額等)、レザークラフト(ショルダー
バック、タペストリー)、粘土細工(レリーフ、人形、カゴ、花等)、押し花 計158点

起業支援1日セミナー  「見本市にあたって~課題と今後の起業の進め方」
                講師 ビジネスフレンドリーコンサルタンツ 
                代表 村上 和義氏
                平成21年8月5日(水) 午前10時~正午

入場料無料


   
 
暮らしを楽しく彩る~
インテリア雑貨展
暮らしを楽しく彩る~インテリア雑貨展

 暮らしの中に「楽しさ」という、とびきりの個性を持った素敵な花を咲かせたいと願い、この度、「毎日の暮らしをちょっと楽しく、ちょっと素敵に」をテーマに季節に合った暮らし方のご提案と、その周りにある雑貨たちを紹介することになりました。見て楽しく、使って便利なインテリア雑貨をたくさん集めてみました。インテリアや雑貨、ハンドメイドなど素敵な暮らし、丁重な暮らしが好きな方や目指している方の情報交換の場としても最適かと思います。可愛い雑貨が好きでたまらない、そういうものに囲まれて暮らすのが幸せ・・・そんな方のご来場をお待ちしております。

と き  平成21年7月23日(木)~8月16日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 展示ギャラリー

【展示品】
木製家具・・・ダイニングテーブル、椅子、ベンチ、キッズ用チェア、学習机など
木製雑貨・・・おもちゃ箱、ゴミ箱、ティッシュケース、ペン立て、ブックエンド、トレイ、 まな板、小物入れ、コースターなど
手作り雑貨・・・テーブルセンター、ランチョンマット、コースター、壁掛け、のれん、ポーチ、テディベア、プリザードフラワー、サンキャッチャー、シュガークラフトなど  合計353点

入場料無料


 
 
阿波踊りグッズ
コーナー
阿波踊りグッズコーナー

 
 一年のうちで徳島が最も盛り上がる阿波踊りのシーズンを前に、県内外からの阿波踊り観光客に、地場産業である木工・藍染をPRすることを目的に、木工会館常設展示場内に「阿波踊りグッズコーナー」を開設します。 寄木下駄ストラップ、印籠型のミニストラップ、彫刻を施した帯飾り、印籠、阿波踊り絵柄の入った遊山箱やキーホルダー掛けなどの木工製品や、ハンカチやコースター、うちわ、テーブルセンターなど阿波踊り柄の藍染製品など、おみやげにぴったりのグッズ合計230点を展示販売します。ぜひご覧ください。  

と き  平成21年6月30日(火)~8月16日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

【木工製品】 
寄木下駄ストラップ、印籠型ストラップ、阿波踊りキー掛け、筒型印籠、阿波踊り印籠、かんざし、帯止め、利休下駄ストラップ、阿波踊り遊山箱 計140点

【藍染製品】
阿波踊り柄のハンカチ、テーブルセンター、のれん、扇子など 計90点

入場料無料

 
 
茎田真生雄の郷土・
浮世絵版画
コレクション展
茎田真生雄の郷土・浮世絵版画コレクション展

 
 徳島をテーマにした浮世絵版画を収集している古美術商の茎田真生雄さんにご協力いただき、コレクションの一部を展 示しています。  展示公開している作品は、鳴門の渦潮を描いた歌川(安藤)広重の晩年の力作「雪月花・阿波鳴門之風景」や「六十余 州名所図絵・阿波鳴門の風景」など、江戸時代後期から明治時代に刷られた約20点。徳島藩の家祖蜂須賀正勝や徳島出身 の力士などを題材にした作品もあります。  

と き  平成21年7月15日(水)~8月2日(日) 9時~18時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

入場料無料


 
「阿波盆踊図屏風」 「阿波盆踊図屏風」 展示公開中

 
高知県出身の日本画家河野(かわの)棹(とう)舟(しゅう)(1868~1945)が、明治時代後期から大正時代の徳島 の盆踊りを描いたと考えられる屏風を公開しています。
 屏風は、茶道具の風炉先屏風で、縦約60センチ、横約170センチ。目かずらで仮装した男性ら5人がにぎやかに踊 り、女性2人が三味線と締め太鼓を鳴らす様子が写実的に描かれています。
 屏風は県北部在住の書画収集家の所蔵品で、徳島城博物館の小川裕久学芸員によると、「同じ時代に徳島の盆踊りを描 いた絵は少なく、貴重な作品」と評価をいただいています。

と き  平成21年7月7日(火)~7月26日(日) 9時~18時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

入場料無料


近・現代の職人の
技展
近・現代の職人の技展

 
 かつての生活では、日常使用する衣食住のさまざまな用具は職人たちの手によって作られてきました。今日では、機械の発達による大量生産で多くのものが作られ、職人の技術というものが失われつつあります。今回の企画展では、このような貴重な伝統技術をあらためて理解してもらいたく、木工産地徳島の一流職人たちの作品を一堂に集めました。寄木細工、組子細工、杢張り、革張り、漆塗りなど、卓越した技術を表現した作品を数多く展示しています。また、江戸・明治時代の職人の貴重な作品や、当時の木工機械「手挽きロクロ」も特別に展示します。むかしと今の職人たちのすばらしい技の競演をぜひご覧ください。  

と き  平成21年7月2日(木)~7月20日(月) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 1階 常設展示場

江戸・明治の職人 木彫り、漆工芸、金工品、筒描きなど 23点
現代の職人 寄木細工鏡台、組子細工ドア、漆工芸、五重塔、社寺彫刻、藍染製品など 490点  合計513点

入場料無料


 
ガラス展 過ぎ去りし時代が甦る明治・大正のガラス器の数々
清涼を求めて~魅惑の明治・大正のガラス展を開催


 
 涼しさを求めて、明治・大正時代のガラス器を集めた展示会を開催しています。
 西洋文化華やかなりし明治・大正時代の貴重なランプ、氷コップ、鉢やコンポート、ランプシェード等、形の異なるガラス器等をバランスよくディスプレイして、涼感たっぷりの夏のインテリアに仕上げています。
 あふれる色彩と豊かなフォルムに、鮮やかな明治・大正時代が甦ります。
 この機会に、素朴で美しい、過ぎ去りし時代のガラスの世界をゆっくりと御堪能下さい。

と き  平成21年6月24日(水)~7月12日(日) 9時~21時まで
ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

【展示品】  
ランプ、氷コップ、鉢、コンポート、ランプシェード等合計29点

入場料無料

心和む和の暮らし
~和のインテリア展
心和む和の暮らし~和のインテリア展

 
 ここ最近、和の良さが見直されており、インテリアに和家具や和の小物を取り入れる方が増えてきています。そこで、木工会館では、徳島県内で製造された和風のインテリア製品を一堂に集めた展示会を開催します。
 会場では、和風モダンデザインのダイニングセット、漆塗りのテーブルやタンス、格子を使用した照明やトレイ、一枚板の座卓、文机など220点を展示販売します。
 ぜひこの機会に日本の魅力を改めて感じていただくとともに、徳島の木工のすばらしさに触れていただきたいと思います。

と き 平成21年6月10日(水)~6月28日(日) 9時~21時
ところ 徳島市立木工会館1階常設展示場

展示品 和のモダンのリビングダイニングセット、漆塗りのダイニングセット、一枚板の座卓、衝立、格子の照明器具、和のお盆や箸などの食器、唐木材の敷板や花台などの工芸品 合計220点

入場料無料


観賞用
木工作品展
    郷愁を誘う~観賞用木工作品展

 古民家つるべ水車小屋囲炉裏などなど・・・一昔二昔前の日本には、当たり前にあった生活風景。ところが、時代の要請や生活様式の変化により、次第に失われつつあります。
 
木工会館では、昔話の絵本から出てきたような、古き良き時代の日本の原風景を題材とした手作りの木工作品展を開催しています。
 
郷愁を思い起こさせ、心身を癒す心地よい温もりと凛とした品格をどうぞご満喫ください。

と き 平成21年6月3日(水)~6月21日(日) 9時~21時
ところ 徳島市立木工会館2階情報資料室


展示内容 神社、入母屋、水車小屋、飛騨の合掌造り、古民家、囲炉裏、木の株、つるべ、五重塔、平等院型仏像置き 合計21点

入場料無料


  
 
    
癒しを求めて      癒しを求めて
  「趣味の草花が似合う木工小物展」


 最近、若者の間でインテリアとしての小さな盆栽が人気を集めています。木工会館では、ミニ盆栽や苔玉盆栽などの趣味の草花と、徳島で作られている盆栽をのせる台の「飾卓」や「敷板」、「花台」を展示販売する特別展示を行います。梅雨が近づくこの季節に、さわやかなグリーンの草花をインテリアに取り入れると、癒しの空間にかわるのではないでしょうか。
 期間中は土日限定でポット苗の販売も行います。
 たくさんのご来場をお待ちしています。


と き 平成21年5月21日(木)~6月7日(日) 9時~21時

ところ 徳島市立木工会館1階常設展示場

展示品 

飾卓、敷板、花台、家具、盆栽(小品盆栽、ミニ盆栽、苔玉盆栽など)、ポット苗(土日限定販売)  合計 約400点

入場料無料


   

   
   
キッズコーナー     キッズコーナーがオープンしました

 キッズ向けの木製品を集めた「キッズコーナー」がオープンしました。コマ回しや積木、ドミノ、パズルなど、徳島で作られた木製のおもちゃでご自由に遊んでいただけます。販売コーナーもありますので、遊んで気に入ったおもちゃはお買い求めいただけます。
 自然の木の持つあたたかさ、やさしい手触りを感じてください。


と き 平成21年5月27日より 開館時間中常設しています(9時~21時)

ところ 木工会館1階常設展示場

遊べる木のおもちゃ 

コマ回し、木馬、積木、ドミノ、パズル、ミニボーリング販売コーナー コマ、木馬、積木、ドミノ、手押し車、小箱、時計、ウッドピース

入場料無料
   

   
武樋正樹の金属展     阿波の隠れた名工
  武樋(たけひ)正樹の金属展 10年かけた大作ずらり!


 展示する模型は9点。設計図面なども、併せて並べています。蒸気機関を用いたトラクションエンジン、ボイラー、またストロークといった主要部分だけではなく1㍉半ほどのコックなど細かな部品もすべて手作りです。会場にはこのほか、木製の船などの模型6点や、シリンダーやバルブ細部の図面も展示しています。
 こうした模型は、いずれも制作するにあたりミリ単位の作業を重ねた大作で
武樋(たけひ)さんの物作りに対する思いが伝わってきます。

とき 平成21513日(水)~531日(日)午前9時~午後9

ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

 入場料無料 


   
   
起業BIG見本市

  起業を目指す美術・工芸作家が続々出展
    貴方も私もチャレンジ起業・BIG見本市を開催


 昨年度、開催した「チャレンジ起業・新鮮見本市」には、同年度に実施した「美術・工芸作家起業養成セミナー」の受講生の中の9人が出展し、遊山箱など12点の商談がまとまりました。
 このような実践的な起業支援事業が契機となり、セミナーに不参加の起業を目指す作家が、起業相談に訪れるとともに、出展の機会を設けてほしいとの要望が数多く寄せられ、本年度は見本市の出展枠を拡大し、セミナーの受講生に加えて、起業相談に訪れた作家も対象とした、「貴方も私もチャレンジ起業・BIG見本市」を開催します。なお、今回は、一足早く起業されたユニークな起業を特別参加としてお招きするほか、見本市の最終日には、事後セミナーも予定しています。

 と   き 平成21年4月28日(火)~5月17日(日)
                     午前9時~午後9時
 出展者 25人(セミナー受講生9人、不参加15人)
 主な展示品 
   正座用椅子、流木の花器、木の根のオブジェ、宝石入れ
   寄木細工、収納家具、パッチワークのポーチ、藍染のコサージュ
   刺繍入りバック、陶芸、つる工芸、キルト雑貨、麻ひもバック
   一閑張りかご、巾着等 計819点


 特別参加 株式会社柚りっこ(平成18年に起業)
  展示品:柚味噌、柚皮ティー等


 ◆起業支援1日セミナー
      「見本市を終えて~課題と今後の起業の進め方~」

 
と  き 平成21年5月17日(日) 午後3時~午後5時
 講  師 フレンドリービジネスコンサルタンツ 代表 村上和義氏
      株式会社柚りっこ 代表取締役 三澤 澄江氏
 入場無料

   

初の端午の節句展   藍染と阿波しじら織の面白い五月人形や鯉のぼり
             初の端午の節句展


 今年のゴールデンウィークは木工会館で過ごしませんか?

 市民ボランティア・地場産業応援団が55日の端午の節句に向けて、一足早いシニアと孫の楽しい「藍染・阿波しじら織の端午の節句展」を開催します。
同応援団では、初めての端午の節句展にあたり、藍染で五月人形を作りました。

 同応援団メンバーの冨尾千代子氏が可愛い武者人形をデザインし、市内の藍染業者が型染めした縦100センチ、横150センチの大作の壁飾りと、冨尾千代子氏と橘みづほ氏が阿波しじら織で作った長さ約60センチの鯉のぼりや吹流しと、阿波しじら織でできた菖蒲や柏餅、ちまきも展示しています。また、江戸時代の端午の節句飾りを再現するため、お子様やお孫さまの健やかな成長を願う、勇ましい武者の姿の掛軸を県内の古美術収集家からお借りし、展示しています。
 さらに、会期中、来場したお子様には、藍染と阿波しじら織でできた甲冑を着用し記念撮影ができます。
 同応援団のユニークなイベントをとおして、祖父母と孫の素敵な関係を築いていただければ幸甚です。

とき 平成21416日(木)~510日(日)午前9時~午後9

ところ  徳島市立木工会館 2階 情報資料室

内   容  1 五月人形(藍染)
       2
鯉のぼり・吹流し(阿波しじら織)
       3 菖蒲・柏餅・ちまき(阿波しじら織)
       4 武者絵の掛軸(幕末・明治時代)

記念イベント 
会期中、甲冑(藍染と阿波しじら織)を着用した記念撮影ができます。

 入場無料

   
衣食住の手作り市   衣食住の手作り市
    手作りの良さを訴え異業種が連


 徳島市の地場産業である木工業や伝統産業の藍染・しじら織は、安価な外国製品の氾濫やライフスタイルの変化により、販売不振や後継者不足など厳しい状況に立たされています。
 このため、ものづくりの創造的な喜びやそれを支える技術・技能への関心を呼び覚ます、恒常的な取り組みが求められています。このようなことから、手作り文化の普及・啓発を図るため、衣・食・住の異業種が連携して、手作り市を開催することになりました。

と き 平成21年4月8日(水)~4月26日(日)
    午前9時~午後9時 
ただし最終日26日は午後3時まで

ところ 徳島市立木工会館1階展示ギャラリー

展示内容
 ・衣部門 着物をリメイクした洋服・小物
      草木染めのスカーフ・テーブルセンター等
24110

 ・食部門 わかめ、のり、佃煮、天草、塩等9266

 ・住部門 可愛らしい木工品(本棚、小さい椅子、タンス
      オープンキャビネット、ちゃぶ台、棚、
TVボード
      サイドボード)マウスパッド、新作の遊山箱
      小物入れ、自然木のボタン、一閑張等
39248


● 小規模農家のこだわり農産物出張市
   平成21年4月19日(日) 午前9時~正午


   
   
キッズ
木製品展

 こどもの日のプレゼントにどうぞ
        「キッズ木製品展」を開催


5月5日のこどもの日に向け、財団法人徳島市地場産業振興協会では、期間限定で特別展示を行います。
 こどもの日には、こどもたちの健やかな成長への願いと祝いの気持ちを込めて、かぶとや鯉のぼりを飾ったり、親や祖父母からプレゼントを贈ったりします。この機会に徳島の木工製品を使っていただき、親しんでもらうため、「キッズ木製品展」を開催します。

 木彫職人が製作した手彫りのかぶとや鯉のぼり、幟(のぼり)などの五月人形飾りや、木工業者が製作した積木、パズル、コマなどのおもちゃ、時計、小物入れなどの木製小物、遊山箱など、こどもの日にふさわしい地元徳島産の木製品約180点を展示販売します。
  さらに、徳島の木工をより身近に知っていただくため、4月12日(日)に、「木彫職人による鯉のぼりの手彫りの実演」を行います。当日は、五月人形飾りの製作者である彫刻師三代目彫昌(ほりまさ)による手彫り作業を実際に見ることができます。
 たくさんのご来場をお待ちしています。

と き 平成21年4月2日(水)~5月6日(水) 9時~21時

ところ 徳島市立木工会館情報資料室

展示内容 木彫の五月飾り(かぶと、鯉のぼり、幟、ミニ五月人形)
     木馬、積木、パズル、コマ、ミニ黒板、時計、小物入れ
     遊山箱など  合計約180点

彫刻師による手彫り実演日時  平成21年4月12日(日)
                     10時~12時


   

人と住いのリフレッシュ展 貴方の身も心も豊かにする「快適な生活空間」
を提案します「人と住いのリフレッシュ展」を開催


 徳島県産の木工製品は、伝統に培われた高度な製造技術等により、デザインや品質面では全国的に飛び抜けた位置にありますが、近年のライフスタイルの変化や安価な外国製品との競争により、厳しい状況に立たされています。このため、「徳島木工業の復権は住宅産業との連携から」という考えのもと、一足早く住設家具分野に参入し、成果を収めた協同組合ユニオンウッドの製品展示会を開催します。
 春の引っ越し時期を見込んだ大規模リフォームからプチ・リフォームまで、木工業者ならではの、高品質でユニークなリフォームメニューをご提案いたします。
 
 この展示会では、通常のハウジングメーカーとは一段違う木工業者の手による優れたリフォーム事例の数々をご覧いただけます。
 
 期間中は住いの悩み相談コーナー(無料)でご相談に応じます。

1と き  平成21319日(木)~45日(日) 午前9時~午後9

2協 力  協同組合ユニオンウッド

3出展者  (株)柏原工作所、(株)レイモス、(有)椅子徳製作所
      (株)徳島ネオン、(有)ログ工房、(株)ローレル四国
      (有)スター急便、瀧口塗装、(有)タイセイ消毒
      (有)ケイエムヤハタ 以上
10


4内 容  インテリア部門:床材・クロス・オーダー家具・照明
              ファニチャー

       収納部門:壁面収納・システム収納・オーダー家具
       水廻り部門:キッチン・バス・洗面・トイレ
            シャワーブース
       スペース・リフォーム部門:全面改装・間取変更
                   二世帯・書斎・子ども部屋


       住いの悩み相談コーナー(無料)

5入場料  無料

   
吉祥掛軸展 縁起の良いお目出たい掛軸を見て不景気を吹き飛ばして
               幕末・明治の阿波物・吉祥掛軸展


 世界同時不況のこの時期に、企業家や県民の皆様に明るくポジティブになっていただこうと、幕末・明治時代に阿波絵師の手によって描かれた「開運・招福の掛軸展」を開催します。

 展示する掛け軸は、布袋さん・寿老人・鐘馗(しょうき)さんと鬼・桃源郷・白鷹・兎・双鶴・日の出など縁起の良い構図の七福神・吉祥文様の掛軸約50点です。これらを描いた絵師は、当時の阿波画檀を代表する守住貫魚(つらな)、守住周魚(ちかな)、後藤田南渓(なんけい)、河野栄寿(えいじゅ)、大原呑舟(どんしゅう)、井後楳雪(ばいせつ)、 内山秀圃(しゅうほ)、野口小瀕(しょうひん)などです。

 100年以上も前に阿波人の繁栄、富貴の願いを込めて描かれた貴重な吉祥掛軸をぜひご覧いただき、不景気を吹き飛ばしていただきたいと思います。

 と き 平成21年3月9日(月)~29日(日)
 ところ 徳島市立木工会館情報資料室

   

定額給付金遊山箱を販売

「定額給付金・遊山箱」を販売
 縁起の良い吉祥文様の遊山箱で不景気を吹き飛ばして

 徳島市地場産業振興協会では、政府の景気浮揚作である定額給付金の支給に合わせて、縁起の良い「定額給付金・遊山箱」を12,000円(税込)で販売します。

 この遊山箱は『鶴と若松』(日本人の感性に適合した鶴と、すくすく成長する若松は代表的な吉祥文様です)、『お多福』(お多福は幸せや多くの福が舞い込む縁起物として親しまれています)の吉祥文様が施された2種類で、この遊山箱に料理を詰めて野山に出かけてもらい、めでたい文様にあやかって不景気を吹き飛ばしてもらおうと開発したものです。

 これらの吉祥文様を考案したのは市民ボランティア・地場産業応援団の冨尾千代子さんで、遊山箱を製作したのは鏡台メーカー株式会社赤澤の赤澤祐子さんです。

 なお、この「定額給付金・遊山箱」は受注生産となっていますので、お申し込みいただいてからお渡しするまでに約2週間程度かかります。ご注文をお待ちしています。

1 発売日 平成21年2月9日(月)より受付開始

2 ご注文、お問い合わせ
  電話 088-626-2453 財団法人徳島市地場産業振興協会

3 遊山箱の仕様等
   材質:県産杉  サイズ 幅14.3㎝ 奥行15㎝ 高さ15㎝
   外箱は赤(お多福)と黒(鶴と若松)の2種類

  販売価格 12,000円(税込)

   

第一回塗装美の世界展 徳島の木工塗装の最新技術をトータルに初めて紹介します
     第一回塗装美の世界展(-舞工房展-


 徳島を代表する地場産業である木工業、その技術のなかでも特に高い評価を受けているのが塗装技術です。婚礼家具として鏡台等を作る際、他産地の家具と木目や色をそろえる「色合わせ」、鏡のような光沢のある仕上げにする「磨き塗装」などを得意としてきました。最近では、より高度な技術として藍染などの布を貼った木地の上に塗装する技術、和紙で模様を作ったように見せる変わり塗り、アンティークのように見せる塗装、塗料を波打たせたりマーブル模様に見せたりする特殊塗装など、さまざまな塗装技術の開発に取り組んでいます。

 このたび当協会では、このような新たな徳島の塗装技術を県民の皆様に紹介し、徳島の木工のすばらしさを知っていただくとともに、業界全体の技術力の発展や商品開発に結び付けることを目的に、木工の塗装技術をテーマにした初の展示会を開催します。木工業者、藍染作家等22業者が製作したダイニングテーブルや椅子、カウンター、衝立等の家具やドアパネル等の建具、飾卓やコースター、花器等の木工小物、遊山箱などさまざまな木工製品に藍染の布貼り塗りや和紙風の塗り、金彩塗装などの特殊塗装を手掛けた商品約200点を展示します。展示品は一部を除き全て販売します。

1 と き 平成21年2月26日(木)~3月15日(日) 
                     午前9時~午後9時

2 展示内容

・家具
  テーブル、椅子、カウンター、本棚、衝立等 約30点

・建具
  ドアパネル等 約10点

・木製小物
   飾卓、文箱、花器、コースター、色紙掛け等 約140点

・その他
   遊山箱、日本下駄、洗面ボウル、床柱等 約20点

                              合計 約200点 

  
仏壇新作見本市
内見会
 徳島県唐木仏壇「東京見本市」に先駆け
           「見本市内見会」を開催

「かわいい子坊主選抜大会」も開催し、徳島唐木仏壇PRに一役 

 徳島市地場産業振興協会では、徳島を代表する木工製品であるの唐木仏壇をPRするため、4月2日・3日に開催される徳島唐木仏壇東京見本市に先駆け、徳島産の新作仏壇を展示する「仏壇見本市内見会」を開催します。

 徳島県産の唐木仏壇は全国一の出荷額を誇っています。これを広く県民の皆様に知っていただこうと、一足早く春の新作仏壇を展示公開するものです。地元の皆様に徳島唐木仏壇のすばらしさを改めて認識していただき、唐木仏壇のさらなる販路の開拓・拡大を目指しています。

 また、子どものころから先祖や仏壇に興味を持っていただくため、「かわいい子坊主選抜大会」を開催します。この大会を通して、自分たちが生まれ育った徳島で優れた唐木仏壇が製造されていることを知っていただきたいと考えています。

1 仏壇見本市内見会

と き 平成21年2月17日(火)~3月23日(月)
                   午前9時~午後9時
 展示内容
 徳島の仏壇メーカー8社が製造した唐木仏壇、家具調仏壇、正宗仏壇
 神徒檀等10点


2 可愛い子坊主選抜大会

と き 平成21年3月1日(日)
 内 容
 仏壇のお掃除の仕方、お経の上げ方、仏壇の絵の出来栄え、仏壇クイズ、可愛さのル
ックスの5部門で競いチャンピオンを決定します。

  
雛人形
飾り展
貴方も「お雛様」に変身できます。雛人形飾り展を開催

 もうすぐ春です。春といえば桃の節句です。市民ボランティア・地場産業応援団では、面白いひな祭り、藍染しじら織の「雛人形飾り展」を開催しています。

 県産杉の間伐材で作った人形に、藍染や阿波しじら織の着物を着せ、お内裏様と御雛様を作りました。顔の部分は取り外しができる構造で、お子様が自由に「御雛様」に変身できます。飾り段に並べられるお雛道具は、年代物のミニチュアの小物や藍染しじら織で作った徳島らしい置物です。

 2月10日(火)午前10からオープニングイベントとして阿波国慈恵院保育園児34人が御雛様に変身しました。

 2月21日(土)午前10時から正午まで藍染しじら織の雛人形作りを体験できる「手づくり雛人形教室」を開催し、20組が参加していただきました。

 「雛人形飾り展」の展示期間中は、3月4日まで誰でも「御雛様」に変身でき、記念撮影もできます。

 と き 平成21年2月10日から3月4日
              午前9時から午後9時まで


 ところ 徳島市立木工会館

  
遊山箱
展示会

桃の節句に向けて「新作・遊山箱展示会」を開催

 昔、徳島の子供たちが節句の時期に提げて野山に出かけていた遊山箱。ここ最近県内の木工業者によって復刻され、県内ではすっかり人気が定着してきた感じがします。
 徳島市地場産業振興協会では、3月3日の桃の節句に向けて新作の遊山箱等を一堂に展示する展示会を開催します。

 主な新作遊山箱は、手彫りの木の葉文様を漆仕上げにしたもの、赤色や黒色の外箱に鶴や桜の文様を描いたもの、可愛い和紙貼りのもの、家族用の大型のものなどが展示されます。従来の遊山箱も合わせて約60点を展示販売します。
 ぜひ、この機会に古き良き徳島独自の遊山箱文化に触れてみませんか。

とき 平成21年1月30日(金)~3月3日(火)
                 午前9時~午後9時