協会マーク 公益財団法人徳島市地場産業振興協会 770-0868徳島県徳島市福島1-8-22
TEL:088-626-2453/FAX:088-626-2473
Email:info@jibasan.org

木工会館外観
トップページへ
木工会館貸館ページへ
イベント・セミナーページへ
地場産品紹介ページへ
協会事業報告ページへ
リンクへ
 イベント・セミナーのご案内

       問い合わせは公益財団法人徳島市地場産業振興協会電話626-2453まで         

 現在開催中のイベント情報

イベント・セミナー 内       容

刺繍入り藍染で
付加価値~

(有)はらい呉服店の
藍染展

刺繍入り藍染で付加価値~
(有)はらい呉服店の藍染展

(有)はらい呉服店(吉野川市山川町)は、創業75年の老舗呉服店です。
社長夫人の三千代さんは、市場に多くの商品が氾濫するアパレル業界において生き残りを図るには、商品の高付加価値化や差別化にあると考えました。このため、平成9年から戸塚刺繍で、様々な刺繍テクニックを幅広く学ぶようになりました。また、平成20年からは、徳島の伝統産業である藍染の美しさに惹かれ、自社の商品構成に組込みたいと考えるようになりました。現在、絞り染め、抜染、板締めなどの作品作りに励んでいます。
この展示会では、寒い時期にも使える暖かい商品を紹介します。原井三千代さんは「一針一針、手間を惜しまず縫い上げた絞り染めの仕上がりや、藍染に刺繍を加えることによって、素朴さの中にも豪華さを演出した作品を楽しんでいただければ」と抱負を語っていました。


と き 平成31年2月14日(木)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
ストール、スカーフ、ハンカチ、Tシャツ、ベスト、のれん、布地、巾着、バッグなど                              約400点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








応援の“嵐”
グッズ展

応援の“嵐”グッズ展

人気アイドルグループ「嵐」の活動休止発表を受け、県内の50代の主婦ら3人のフアンクラブ会員が中心となって、「嵐」のグッズコレクション展を開くことになりました。うち2人は、今年1月12日~13日の京セラドーム(大阪)でのドームツアーが最後の観賞であったとのことです。うち1人は、グループ結成前のジャニーズ事務所タレント養成時代からのフアンで、グループ結成後の厳しい時期にも、ライブツアーに欠かさず参加したとのことです。別の1人は、大阪の京セラドームがメインですが、サッポロドーム、広島グリーンアリーナなどの遠隔地のライブツアーにも参加する、熱烈なフアンです。
この展示会は、再結成の願いを込め主婦ら3人が、フアンに呼びかけ開催できる運びとなりました。


と き 平成31年2月8日(金)~2月17日(日)9時~17時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

展示品
うちわ、ファイル、バッグ、ポーチ、Tシャツ、バスタオル、膝掛け、ストラップ、チャーム、カルタ、サインペン、カイロ、ペンライト、卓上カレンダー、弁当箱、パンフレット、DVD,CD、本など
約200点(※販売不可)

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








藍染・阿波しじらの

「雛人形
(ひなにんぎょう)
飾り展」


藍染・阿波しじらの
「雛人形(ひなにんぎょう)飾り展」

当協会では、木工会館の来館者に、日々の生活に少しでもうるおいを感じていただければという考えのもと、日本の伝統行事である「雛祭り」を行うことにしました。県産杉の間伐材で作った人形に、藍染や阿波しじらの着物を着せたお内裏(だいり)様とお雛様を飾ります。顔の部分は取り外しができる構造で、来館されたお子様が、自由に「お内裏様・お雛様」に変身できるようなっています。また、飾り段に並べられるお雛道具は、県内の人形コレクターから、飾るのに手がツルほど小さい、年代物のミニチュアの小物をお借りし展示するほか、藍染と阿波しじらで、徳島らしい置物を作り飾り付けをすることにしています。


と き 平成31年2月6日(水)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

オープニング・イベント 「お雛様に変身!」
①と き 2月6日(水)午前10時~
②内 容 さくら保育園の園児(5才児25人)を招き、園児の「お雛様に変身!」イベントを行う。
一般の参加もOKです。

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料






神山と連携~

後藤町長が
町をセールス
「まるごと神山町展」


神山と連携~
後藤町長が町をセールス「まるごと神山町展」

県下でメディア露出度ナンバーワンの神山町が、まるごと木工会館へ来ることになりました。
全国の何処でも見られる過疎の町が、県外からの若者の流入や、古民家の再生と活用、IT企業のサテライトオフィスの進出などで賑わっています。まちおこしが停滞する一因に、行政の過度な干渉が挙げられます。神山町は「まちを変えるのは町民である」との考えのもと、行政側は、地道な基盤整備などの裏方に徹し、町民の自由な活動を支援しています。
また、徳島市内から近い神山町には、手作りの文化が今なお息づいています。神山町は、伝統と革新が共存する魅惑のまちと言えるでしょう。


と き 平成31年1月30日(水)~2月17日(日)9時~17時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
(1)神山のファンになって:神山町のPRパネル、ポスター、パンフレットなど
(2)物産:すだち加工品(すだち果汁、ポン酢、サイダー、クッキー、ジュースなど)、梅加工品(梅干し、シロップなど)、その他の食品(神山銘菓、焼き菓子、しいたけの佃煮、ごぼうの漬物、もろみ、切干大根など)、木工製品(器、コップ、まな板など)
約30品目 500点

「まちを将来世代につなぐプロジェクト」ミニ講演会
講 師 神山つなぐ公社 代表理事 杼谷 学
と き 1月30日(水)午前10時~

特別企画
お買物をされた方、50人様に、神山温泉の無料入浴券を差しあげます。

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








森の健康を
みんなで守る~

「間伐材の作品展」


森の健康をみんなで守る~
「間伐材の作品展」

日本の国土は森林によって守られています。また、京都議定書における「温室効果ガス削減」や「森林吸収源」など、森林を守ることが私たちの未来に深く係わっていることは明らかです。美しい森林を守るためには、「間伐(かんばつ)」という森林を整備するための作業がとても大切です。しかし、本県の森林地帯においては、間伐の遅れが目立つなど手入れが滞っており、水土保全等の公的機能も危うさを増しています。
このようなことから当協会では、森林や林業に多くの皆様に関心を持っていただくため、間伐材の作品展を計画しました。


と き 平成31年1月23日(水)~2月11日(月)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
まな板、トレー、ヘラ、スプーン、パズル、飾り棚、額、ランプ、椅子、傘立て、果汁絞り器、ゆず絞り器、積木、コースター、花差し、箱、鍋敷きなど
約200点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








楽しいひな祭り~

「クラフト作家の
徳島で生まれた
おひな祭り展」


楽しいひな祭り~
「クラフト作家の徳島で生まれたおひな祭り展」

当協会では、陶芸・布細工・木工・藍染など、様々な手法を身に付けた作家たちによる、一足早い創作ひな人形展を徳島市立木工会館で開催します。この展示会では、小さなスペースでも手軽に飾れるひな人形を、優れた技術を持つアーティストの創作で楽しんでもらおうと企画しました。
展示される作品は、現代の名工による寄木細工のおひな様。木の杢で作ったおひな様。手のひらサイズのケースに収納された三段飾り。押絵のひな人形タペストリー。焼物と木・藍染の合作によるひな飾り。竹と布で作ったおひな様とお内裏様。焼物やガラスで作られたひな人形。また、省スペース向きの上品な五段飾りのひな人形などがあります。


と き 平成31年1月18日(金)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
①木製:木の杢のおひな様、寄木細工のおひな様、組木のおひな様、木彫りのおひな様、干支のおひな様、五段飾りのひな人形、こけしびななど
②藍染:おひな様の衝立、桃の節句にちなんだ花(桃、桜、橘)など
③古布・現代布:おひな様、吊るし飾り、押絵のひな人形タペストリー、フェルト製のひな人形など
④陶器、ガラス:段飾りひな人形、平飾りひな人形、動物のおひな様、立ちびななど
約500点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








桃の節句に向けて~

「新作遊山箱展」


桃の節句に向けて~
「新作遊山箱展」

遊山箱は、徳島市立木工会館で、平成18年6月から遊山箱の常設展示をはじめると、人気が復活しました。現在では、お節句用だけでなく、子どもやお孫さんへのプレゼント、記念品、引き出物として利用されたり、インテリアとしてお部屋に飾ったり、宝石箱や小物入れとして使ったりと、様々な用途で使われるように変わってきました。
当協会では、さらに多くの方に遊山箱に触れていただけるように、一年の中で、最も遊山箱への関心が高まるこの時期に合わせて「新作遊山箱展」を開催いたします。今回は、源氏物語やかぐや姫などの絵柄の遊山箱、従来の遊山箱の大きさより小さめの遊山箱、積木入り遊山箱、寄木細工遊山箱など、新作と従来商品とを合わせ約70点を展示いたします。


と き 平成31年1月10日(木)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
新作遊山箱 30点 従来遊山箱40点 合計70点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








絵本
「遊山箱もって」
原画展


絵本「遊山箱もって」原画展

薬剤師をしながら絵本創作をしている、県内在住の異色の絵本作家・山崎純世さんがこのたび、2年がかりで「遊山箱の本」(タイトル名:遊山箱もって)を完成させました。
この遊山箱の絵本は、春の色(暖かくて優しい春の日差しのイメージ)でまとめ、小さいお子さんに優しく語りかけています。内容は、遊山箱の活用方法・構造・詰める食べ物・絵柄・古い時代の遊山箱など、これ一冊で徳島の遊山箱文化が全て理解できる絵本に仕上がっています。この「遊山箱の本」と原画は、当協会の「新作遊山箱展」で披露されます。


と き 平成31年1月10日(木)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
(1)遊山箱の本(遊山箱もって)A4サイズ32頁
(2)原画展 A4サイズ4枚、A3サイズ20枚でオールカラー色

イベント
「遊山箱もって」の読み聞かせ
と き 1月10日 午前10時~
参加者 さくら保育園の5才児25人

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







三好産の木製品と
物産を木工会館に
常設展示

アンテナショップを
開設

美しい三好の山やそこで生まれた物産は貴方を癒してくれます
三好産の木製品と物産を木工会館に常設展示
~アンテナショップを開設


 去る9月21日から10月8日まで、三好産の間伐材や端材でできた「可愛い木製玩具・小物展」を開催し、これに合わせて、食料品など三好の物産も展示即売しました。
 木製玩具は、木の滑らかな肌触りと木目の優しさが温もりを感じます。特に三好産の玩具は、子どもにも大人にも可愛いデザインで、素朴で飾らない美しさがあり人気を集めました。
 このたびの企画展が大いに成功したものと考え、これを次につなげていくため、これらの木製品や物産を常設展示させていただけないかとお願いをし、快く了承していただき、ショップの開設となりました。歴史とロマン溢れる阿波の秘境ともどもPRしていきたいと考えております。


と き 平成24年11月15日(木)~   9時~17時
ところ 徳島市立木工会館 2階 第3展示場

展示品
 ①木製玩具:手押し車、うさぎの輪投げ、車、バッタ、木馬、ミニキッチン、カタカタ、恐竜のなかま、楽しいなかま(草原・牧場・水)など47点
 ②木製品:子ども用イス、犬のイス、タオル掛け、鍋敷き、動物箸置き、ペン立て、ストラップ、プランターカバーなど
                                   約100点

入場無料




過去のイベント・セミナー情報へ
  2017
 2016 2015 2014 2013 2012
 2011 2010   2009  2008 2007