協会マーク 公益財団法人徳島市地場産業振興協会 770-0868徳島県徳島市福島1-8-22
TEL:088-626-2453/FAX:088-626-2473
Email:info@jibasan.org

木工会館外観
トップページへ
木工会館貸館ページへ
イベント・セミナーページへ
地場産品紹介ページへ
協会事業報告ページへ
リンクへ
 イベント・セミナーのご案内

       問い合わせは公益財団法人徳島市地場産業振興協会電話626-2453まで         

 現在開催中のイベント情報

イベント・セミナー 内       容

森の健康を
みんなで守る~

「間伐材の作品展」


森の健康をみんなで守る~
「間伐材の作品展」

日本の国土は森林によって守られています。また、京都議定書における「温室効果ガス削減」や「森林吸収源」など、森林を守ることが私たちの未来に深く係わっていることは明らかです。美しい森林を守るためには、「間伐(かんばつ)」という森林を整備するための作業がとても大切です。しかし、本県の森林地帯においては、間伐の遅れが目立つなど手入れが滞っており、水土保全等の公的機能も危うさを増しています。
このようなことから当協会では、森林や林業に多くの皆様に関心を持っていただくため、間伐材の作品展を計画しました。


と き 平成31年1月23日(水)~2月11日(月)午前9時~午
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
まな板、トレー、ヘラ、スプーン、パズル、飾り棚、額、ランプ、椅子、傘立て、果汁絞り器、ゆず絞り器、積木、コースター、花差し、箱、鍋敷きなど
約200点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








楽しいひな祭り~

「クラフト作家の
徳島で生まれた
おひな祭り展」


楽しいひな祭り~
「クラフト作家の徳島で生まれたおひな祭り展」

当協会では、陶芸・布細工・木工・藍染など、様々な手法を身に付けた作家たちによる、一足早い創作ひな人形展を徳島市立木工会館で開催します。この展示会では、小さなスペースでも手軽に飾れるひな人形を、優れた技術を持つアーティストの創作で楽しんでもらおうと企画しました。
展示される作品は、現代の名工による寄木細工のおひな様。木の杢で作ったおひな様。手のひらサイズのケースに収納された三段飾り。押絵のひな人形タペストリー。焼物と木・藍染の合作によるひな飾り。竹と布で作ったおひな様とお内裏様。焼物やガラスで作られたひな人形。また、省スペース向きの上品な五段飾りのひな人形などがあります。


と き 平成31年1月18日(金)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
①木製:木の杢のおひな様、寄木細工のおひな様、組木のおひな様、木彫りのおひな様、干支のおひな様、五段飾りのひな人形、こけしびななど
②藍染:おひな様の衝立、桃の節句にちなんだ花(桃、桜、橘)など
③古布・現代布:おひな様、吊るし飾り、押絵のひな人形タペストリー、フェルト製のひな人形など
④陶器、ガラス:段飾りひな人形、平飾りひな人形、動物のおひな様、立ちびななど
約500点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








うつろいゆく
美人たち~

「江戸から
昭和初期の
美人画展」


うつろいゆく美人たち~
「江戸から昭和初期の美人画展」

女性の姿をかたどることは、江戸時代の浮世絵に始まり、明治末から昭和初期にかけて活躍した竹久夢二の木版画などに代表される日本画の一大ジャンルです。
この企画展では、古来、多くの絵画に描かれてきた美人の変遷を、特に身近な庶民の美人にスポットをあてて紹介します。また、併せて徳島の木工職人などが、連綿として伝えている女性の装身具を御覧いただければと思います。


と き 平成31年1月16日(水)~2月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 2階第3展示場

展示品
①浮世絵版画(江戸後期) 浮世絵師の葛飾北斎、魚屋北渓(ととや ほっけい)、渓斎英泉(けいさい えいせん)、菱川宗理(ひしかわ そうり)、岳亭春信(がくてい はるのぶ)の美人画及び鳥居清長、石川豊信、鳥居清満の昭和2年の美人画復刻版など 約20点
②近世以降の版画(明治末~昭和初期) 竹久夢二の美人画 約20点
③石版画(大正~昭和初期) 引札(商店の広告用チラシ)の美人画 約10点

装身具
木彫の帯留め(牡丹、菊、椿)、かんざし、櫛、ブローチ、ネックレス(透かし彫り、寄木など)、手鏡、ストラップなど約100点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








桃の節句に向けて~

「新作遊山箱展」


桃の節句に向けて~
「新作遊山箱展」

遊山箱は、徳島市立木工会館で、平成18年6月から遊山箱の常設展示をはじめると、人気が復活しました。現在では、お節句用だけでなく、子どもやお孫さんへのプレゼント、記念品、引き出物として利用されたり、インテリアとしてお部屋に飾ったり、宝石箱や小物入れとして使ったりと、様々な用途で使われるように変わってきました。
当協会では、さらに多くの方に遊山箱に触れていただけるように、一年の中で、最も遊山箱への関心が高まるこの時期に合わせて「新作遊山箱展」を開催いたします。今回は、源氏物語やかぐや姫などの絵柄の遊山箱、従来の遊山箱の大きさより小さめの遊山箱、積木入り遊山箱、寄木細工遊山箱など、新作と従来商品とを合わせ約70点を展示いたします。


と き 平成31年1月10日(木)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
新作遊山箱 30点 従来遊山箱40点 合計70点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料








絵本
「遊山箱もって」
原画展


絵本「遊山箱もって」原画展

薬剤師をしながら絵本創作をしている、県内在住の異色の絵本作家・山崎純世さんがこのたび、2年がかりで「遊山箱の本」(タイトル名:遊山箱もって)を完成させました。
この遊山箱の絵本は、春の色(暖かくて優しい春の日差しのイメージ)でまとめ、小さいお子さんに優しく語りかけています。内容は、遊山箱の活用方法・構造・詰める食べ物・絵柄・古い時代の遊山箱など、これ一冊で徳島の遊山箱文化が全て理解できる絵本に仕上がっています。この「遊山箱の本」と原画は、当協会の「新作遊山箱展」で披露されます。


と き 平成31年1月10日(木)~3月3日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 1階常設展示場

展示品
(1)遊山箱の本(遊山箱もって)A4サイズ32頁
(2)原画展 A4サイズ4枚、A3サイズ20枚でオールカラー色

イベント
「遊山箱もって」の読み聞かせ
と き 1月10日 午前10時~
参加者 さくら保育園の5才児25人

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







孫の幸せを願って~

「永田修三の
木製玩具&
キッズ家具展」


孫の幸せを願って~
「永田修三の木製玩具&キッズ家具展」

永田修三さんは、15年前に会社を定年退職し、間もなく娘さんに孫が授かりました。孫が成長するのに伴い、娘さんが玩具の写真を撮り、このような玩具を製作して欲しいとの要望が次々と出てくるようになりました。これがきっかけとなり、木製玩具作りを始めるようになり、孫の成長に合わせて、木製玩具の種類が次々と変わっていきました。
玩具分野では、キャラクター商品が氾濫し、子どもが、遊びながら学べる木製玩具(知育玩具)の製作者が少なくなっています。永田さんの存在を知り、当協会が、これまで製作してきた木製玩具の展示公開方を御願いしたものです。


と き 平成31年1月9日(水)~1月27日(日)午前9時~午後5時
ところ 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

展示品
飛行機、キャラクターの剣、ドールハウス、からくり玩具、遊具、組木(犬、金太郎、ひな人形など)、置物(犬、ペンギンなど)、キッズ用椅子、机など
                                    約200点

主 催 (公財)徳島市地場産業振興協会
入場無料







三好産の木製品と
物産を木工会館に
常設展示

アンテナショップを
開設

美しい三好の山やそこで生まれた物産は貴方を癒してくれます
三好産の木製品と物産を木工会館に常設展示
~アンテナショップを開設


 去る9月21日から10月8日まで、三好産の間伐材や端材でできた「可愛い木製玩具・小物展」を開催し、これに合わせて、食料品など三好の物産も展示即売しました。
 木製玩具は、木の滑らかな肌触りと木目の優しさが温もりを感じます。特に三好産の玩具は、子どもにも大人にも可愛いデザインで、素朴で飾らない美しさがあり人気を集めました。
 このたびの企画展が大いに成功したものと考え、これを次につなげていくため、これらの木製品や物産を常設展示させていただけないかとお願いをし、快く了承していただき、ショップの開設となりました。歴史とロマン溢れる阿波の秘境ともどもPRしていきたいと考えております。


と き 平成24年11月15日(木)~   9時~17時
ところ 徳島市立木工会館 2階 第3展示場

展示品
 ①木製玩具:手押し車、うさぎの輪投げ、車、バッタ、木馬、ミニキッチン、カタカタ、恐竜のなかま、楽しいなかま(草原・牧場・水)など47点
 ②木製品:子ども用イス、犬のイス、タオル掛け、鍋敷き、動物箸置き、ペン立て、ストラップ、プランターカバーなど
                                   約100点

入場無料




過去のイベント・セミナー情報へ
  2017
 2016 2015 2014 2013 2012
 2011 2010   2009  2008 2007