と   き: 令和3年7月14日(水)~8月1日(日) 9:30~17:00

と こ ろ: ギャラリー花杏豆(徳島市八万町上長谷)

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

徳島に残る数少ない職人の手仕事による木工技術を紹介します。

これらの技術は、機械化が進んでいる木工業界において大変貴重で、今後さらに少なくなり消えてしまうことも懸念されます。

木彫(もくちょう):主に仏壇の装飾部品の彫刻に使われる技術。

杢張り(もくはり):木材を0.2ミリほどの厚さにスライスし、家具や合板の表面に貼る技術。

寄木(よせぎ):様々な種類の木材を組み合わせて、幾何学模様やモザイク模様を作り、家具や仏壇の装飾として使われる技術。

ろくろ:回転させた木材に刃を当てて削り出す技術。