と   き: 令和3年4月30日(金)~5月10日(月) 午前11時~午後8時

と こ ろ: 黒革(徳島市中昭和町5丁目54-11)

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者とされる現代の名工である喜多岩夫さん。喜多さんの類まれな道具さばきと、几帳面な性格から作られる製品は、どれをとっても細部に至るまで見事な出来栄えで、徳島鏡台の品質の良さを世にひろめました。また、旺盛な研究心により「寄木細工」(※)という、徳島家具の新しい分野を開拓しました。このような功績から、平成20年度に栄えある「現代の名工」(※)に選ばれました。

こどもの日に向けて、徳島伝統の木工技術を時代を担うこどもさんに伝えたいとの思いから、作品展を開くことになりました。

展示品  デザインや材料が異なる「寄木細工の小物入れ」 20点

※寄木細工:数多い有色天然木材が持つ色や木目を生かしながら寄せ合わせ、精緻な幾何学模様を作り出す技法。

※現代の名工:卓越した技能者表彰制度に基づき、厚生労働大臣によって表彰された卓越した技能者(卓越技能者)の通称。