と   き: 令和2年3月11日(水)~3月22日(日)午前9時~午後5時
と こ ろ: 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

㈱宮崎椅子製作所(代表取締役社長 宮崎勝弘・鳴門市)は、全国に通用する椅子製造のトップメーカーです。同社では、従業員数、約30人のうち半分が20~30才代という、フレッシュな職場です。また、県外からの弟子入り志願者が多く、技術を覚えて独立する人もいます。このように、将来有望な多くの人材を抱えた人気企業です。
三浦 蓮さんは、2年半前に宮崎椅子製作所に就職しました。22才の頃、木工会館で森下正章さん(徳島市)の木彫作品を見たことで感動し、ものづくりに興味が湧いたとのことです。
同社は、椅子製造の過程で多くの端材が出ます。青年部の皆さんは、余暇を活用し、この端材を利用した木工小物作りで、技術の向上を図っています。三浦さんは、密かに、自分の製作した木工小物を木工会館で展示してもらえたらと、淡い願いを持っていました。新聞報道などによると、会館が3月末で休館、廃止されるとのことから、事は急を要します。しかし自分の作品だけでは少ないことから、青年部の仲間に声を掛け展示会を開催できる運びとなったものです。

展 示 品
アクセサリー、ブローチ、ヘアゴム、笛、風鈴、玩具、スピーカー、革バック、布ポーチなど 約30点