と   き: 令和元年7月10日(水)~7月28日(日)9時~17時
と こ ろ: 徳島市立木工会館 1階常設展示場

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

7月24日を「とくしま藍の日」とする県条例が一昨年、制定されました。
当協会では、とくしま藍の日を記念して、藍に魅せられ、藍そのものに愛着をもつ、学生・若手作家・OL・主婦・高齢者に呼びかけ展示会を開催することにしました。徳島の藍染をまずは、県民の皆さまに知っていただき、後世に継承・発展させるため、今の季節にぴったりの藍染製品を一堂に展示いたします。また、伝統に培われた奥深い藍の世界を知っていただくため、江戸時代中期から続く石井町の藍商宅(12代目当主 高橋鎮也氏)に伝わる藍染の「裃」(かみしも)や「すくもの手板」など貴重な資料、約10点を特別展示します。

展示品
チュニック、Tシャツ、帽子、手袋、バック、ストール、のれん、扇子、花、ループタイ、パールネックレス、お茶、クッキーなど
約1,500点

イベント
子ども藍染ゼミナール 藍染に関心を持ってもらうため、福島幼稚園児22人を招待します(10日10時~)。藍染作家の近藤美佐子さんが藍染のできるまでを写真パネルで分かり易く説明します。