と   き: 令和元年7月3日(水)~7月21日(日)午前9時~午後5時
と こ ろ: 徳島市立木工会館 2階第3展示場

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

夏の暑さを克服し涼しさを感じてもらうため、食卓やインテリアに取り込みたい「ガラス」や、日本の伝統的な「暑中見舞いはがき」紹介します。紹介する木版・暑中見舞いはがきは、どれもデザインが凝っていて、見ているだけでも楽しく、癒されるものと思います。これらの暑中見舞いは、大正時代から昭和にかけて、様々なものを蒐集するコレクターたちが、趣味の交換会のために製作したちょっと変わった木版絵はがきの数々です。

展示品
(1)ガラス・・お皿、コップ、花びん、アクセサリーなど 約100点
(2)暑中見舞いはがき・・幽霊、行水、雷、桶、団扇、蛍、舟、滝、水泳、お地蔵さん、山と舟などの暑中見舞いはがき 約70点