と   き: 平成31年4月10日(水)~5月6日(月)午前9時~午後5時
と こ ろ: 徳島市立木工会館 2階第3展示場

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

当協会は、5月5日の端午の節句に向けて、徳島市立木工会館で、一足早い「藍染・阿波しじら織の端午の節句展」を開催します。
徳島市の伝統産業を身近に感じてもらうため、藍染と阿波しじら織で作ったユニークなお飾りを展示します。また、お子様の健やかな成長を願う、昔の勇ましい五月幟(のぼり)や武者人形なども併せて展示し、端午の節句気分を盛りあげることにしております。

端午の節句飾りの内容
①五月人形(縦100センチ横150センチの大作の藍染壁掛け)
②鯉のぼり・吹流し(阿波しじら織)
③菖蒲(しょうぶ)・柏餅・ちまき(阿波しじら織)
④武者人形(江戸時代)
⑤金太郎(大正時代)
⑥五月幟(大正~昭和時代)

オープニング・イベント「五月人形に変身!」
①と き 4月10日(水)午前10時~
②内 容 さくら保育園の園児20人を招き、園児の「五月人形に変身!」(若武者又は金太郎)イベントを行います。なお、会期中、子どもさんは、甲冑(藍染と阿波を着たり、金太郎に扮して記念撮影ができます。