と   き: 平成31年1月30日(水)~2月17日(日)9時~17時
と こ ろ: 徳島市立木工会館 中2階情報資料室

主 催/(公財)徳島市地場産業振興協会

県下でメディア露出度ナンバーワンの神山町が、まるごと木工会館へ来ることになりました。
全国の何処でも見られる過疎の町が、県外からの若者の流入や、古民家の再生と活用、IT企業のサテライトオフィスの進出などで賑わっています。まちおこしが停滞する一因に、行政の過度な干渉が挙げられます。神山町は「まちを変えるのは町民である」との考えのもと、行政側は、地道な基盤整備などの裏方に徹し、町民の自由な活動を支援しています。
また、徳島市内から近い神山町には、手作りの文化が今なお息づいています。神山町は、伝統と革新が共存する魅惑のまちと言えるでしょう。

展示品
(1)神山のフアンになって:神山町のPRパネル、ポスター、パンフレットなど
(2)物産:すだち加工品(すだち果汁、ポン酢、サイダー、クッキー、ジュースなど)、梅加工品(梅干し、シロップなど)、その他の食品(神山銘菓、焼き菓子、しいたけの佃煮、ごぼうの漬物、もろみ、切干大根など)、木工製品(器、コップ、まな板など)
約30品目 500点

「まちを将来世代につなぐプロジェクト」ミニ講演会
講 師 神山つなぐ公社 代表理事 杼谷 学
と き 1月30日(水)午前10時~

特別企画
お買物をされた方、50人様に、神山温泉の無料入浴券を差しあげます。